BLOG

美容師が話しかけてくる理由とは・・・

よあけウェブ

WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社やミュージシャンのHPなど)→転職→うつ→ブログ4年で年収500万円。メルマガ読者1200人超え。LINE読者100人超え/ブログ・音楽・筋トレなど/資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー

美容師が話しかけてくる理由は売り上げアップのため?

ふなさん
最近髪を切ってもらった人がめっちゃ良かった

以前髪を切ってから、かれこれ7ヶ月が過ぎようとしていた。

お客の話聞いてない美容師ってありえるの?!

お客の話を聞かず、店員同士で内輪のおしゃべりをするカットサロン。
全然違う髪型にされたのだ。
これは接客術どうこう以前の問題だった。
この事件以来、髪を切りに行くお店をどこにしようか困っていました。

先日この人ならいい髪型にしてくれそうだなと、ようやく髪を切ったのでした。
気がついたら髪は伸び放題。
以前、髪を切ってから7ヶ月は経過していた。

 

よくいる美容師の薄っぺらい話術

美容師の「今日はお休みですか〜?」問題

「今日はお休みですか〜?」

「お仕事何されてるんですか?」

正直どっちでもいいし、どちらも間違いな質問ではない。

できる美容師なら職業に見当をつけて真面目な髪型にするのか、ちょっと髪型に遊びを入れていいのかを検討する。
お客様の私生活において一番最適な髪型にするべくヒントになる質問をしているのだ。

それがわからない美容師は

「今日はお休みですか〜?」から

「お休みの日はいつも何されてるんですか?」

「へぇー、あれは面白いですよね」

などと、どうでもいい話をいつまでもしてくる。

話しかけて欲しい人ならそれも面白いのかもしれないが、中には喋りたくない客もいる。
希望の髪型を伝えたらその後は眠っていたい。
余計な会話はいらない。
今度目を開けた時は素敵な髪型になっているはずだ。
そう思って安心しきって目を閉じたいのである。

できる美容師の的確な会話

「今日はお休みですか〜?」

「お仕事何されてるんですか?」

さらに長く通っている常連客には

「お仕事がんばってますかー」

などの質問をする。

これは職業が変わっていないかを把握するためだ。
いまから20年ぐらい前、私はバーテンダーをしていたので、いろいろ髪型で遊んでいたのだ。

「お客さんがわかるぐらいイメチェンしたいです」とか。

「お仕事がんばってますかー」

「実は転職したんですよ」

「どんな仕事ですか?」

「サラリーマンですわ」

「ほな、もう普通の髪型のほうがいいですね」

「はい、おまかせしますー」

そんな感じで楽だった。

その美容師さんは家業を継いで、いわゆる田舎の散髪屋さんだったのが、今は3店舗以上のお店を経営しているヘアサロンのオーナになっている。
接客やヘアカットのセンスを考えると納得の結果だ。
私も引っ越したり、なんやかんやでそのヘアサロンにはいけなくなってしまった。
ヘアサロンジプシーになって随分経つ。

 

 悪い予感がして髪を切らずに店を出た

1ヶ月前ぐらいだろうか、意を決して髪を切ってもらおうと気になるお店に行ってみた。
そして順番待ちをしていたのですが、スタッフがほぼおっちゃんばかりで、パンチパーマ風のおっちゃん店員とか・・・

「数分待ってみて、これはやばいかもしれない!」

と思い、髪は切らずに逃げるように店を出たのだった。

髪を切りたいなと思いつつ、先日その気持ちがMAXになった。

よく行く温泉にヘアカットも併設されているのを思い出した。
そうだ、あそこなら待たずに切ってもらえるだろう。
久しぶりに温泉に入れるし。
お店を覗いてみると気の良さそうな30代ぐらいの店員さんがいた。
悪い予感はしない。

希望の髪型も素早く把握してくれて、いろいろと提案もしていただき、希望通りの髪型になった!

しかも早い。

温泉にも入ってお肌もツルツルになった。
これ以上の快適ってある?

ふなさん
美容師が話しかけてくる理由は、職業によって最適な髪型にするため

髪型も服装と一緒で人の印象を変えるものなので、大切に切って欲しいですね。

 

美容師が話しかけてくる理由

お客様の理想の髪型にするのが第一の目的

さらに集客をどうするのかという問題がある。

美容師には高度な接客が求められる。
どのような会話をすれば客単価が上がるのだろうか?

客単価とリピート率を上げる美容師の会話

お客様の髪型の好みや、職業柄どのあたりまでのおしゃれができるのかを探ります。
カタイ仕事だとあまり派手な髪型はできませんが、さりげなくシンプルでお洒落な髪型にしてくれるとうれしいですよね。
もうちょっと自由にできる職業だと、おもいっきり個性的でお洒落な髪型にしてくれると嬉しいものです。

そういったサービスをしてくれてこそ「また来たい」という再来店の動機になります。
これぐらいは当たり前で最低限のサービスです。

リピータになる接客と仕組み

ここでネットを使った再来店動機を与えるにはどうすればいいか?

お店のLINE@に登録してもらって、毎月クーポンを発行するのはどうでしょうか?

このアイデアがひとつ。

その場で次回の予約をとってはどうでしょうか?

「今、ご予約して頂けますと500円オフになります」

もう少し努力ができるなら1000円オフでもよいでしょう。

せっかくお客様と会話し、職業やお休みのペースなどがつかめたのですから、月1回ぐらいのペースで髪を切りに来てもらうのは簡単だと思います。

オプションをオススメする

ヘアカラー、ヘアトリートメント、ヘッドスパなど。
髪質を痛めないお店でしか買うことのできない、シャンプー類の販売など。
私の場合、何度か髪を切りに行っているうちに、こんなことがありました。

「お客様、最近抜け毛が気になりませんか?」

「すこし・・・」

「前よりも少し、髪が弱っています。

髪にダメージを与えないシャンプーがあるので、それを使ったほうがいいですよ。(このままだとハゲるよ)

一度そのシャンプーでシャンプーしますね」

シャンプーしてもらって気持ちが良かったし髪は大事にしたいので、そのシャンプーを買うことにしました。
これでヘアカット代とシャンプー代(約1ヶ月分)で客単価が上がりました。
シャンプーは一般店には売ってないので、またそのヘアサロンで買います。

髪に関する会話の中からいくらでも引き出しはあります。
これがお店のイメージが「安い・早い」だと、客単価を上げることは難しくなります。
美容師さんの負担は大きくなります。

 

お客様のことを考えた攻めの接客

お客様のことを考えた攻めの接客で客単価を上げることができます。
同時にリピーターも獲得できます。

ヘアサロンはお医者さんと並んで人に刃物を向ける職業です。
散髪屋さんの目印、赤と青がグルグル回るやつ(サインポール)。
あれは動脈と静脈と包帯をモチーフにしたものが由来だそうです。
それぐらい、お客様から信頼されないといけない仕事でもあります。
いい加減な接客をしているところはすごく不安です。

 

客単価アップとリピート率のアップ

こういう内容は経営コンサルではよくやる提案です。
ヘアサロンでなくても、リラクゼーションサロンでも応用できます。
個人でヘアサロンをしている人、これから個人サロンをやる予定の人は、参考にしてみてください。
私の場合、予約無精だし、適当にいい塩梅で切ってくれればそれでいいので、全部お任せしたいタイプです。
いろいろ気を使ってくれて、提案してくれることは嬉しいものです。
逆に個人的なことを聞かれたり、関係ないことを話されるとイラッとして「2度と行きたくないな」って思います。

同じ会話でも、リピーターになるかならないか、はっきり差が出ます。

 

LINE登録でプレゼント

初心者にとってはじめの1万円を稼ぐハードルが高いのです

ブログではじめの1万円を稼ぐ方法

 

\迷わずにはじめの一歩を踏み出すブログ入門/

・ブログの始め方

・ブログの固定ファンを増やす方法

・【特別掲載】AdSense審査に合格する方法

友だち追加

おしらせ

ネットはやっぱり面白い: 20年ほどネットで稼いでいる変な人の思考 (YOAKE Web) Kindleを出版しました。 『ネットはやっぱり面白い』 令和、新型コロナ、外出自粛・・・ どんどん時代が変わる中、1999年から20年ほどネットで稼ぎ続けている変な人が書いた本。 とにかく現代では最低限生きていくために必要なことのひとつとして、求められていることは「自宅に居ながらにして収入を得る」ということではないだろうか? Amazonで購入

にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
にほんブログ村

\記事が役に立ったと思ったらシェアや感想をお願いします/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よあけウェブ

WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社やミュージシャンのHPなど)→転職→うつ→ブログ4年で年収500万円。メルマガ読者1200人超え。LINE読者100人超え/ブログ・音楽・筋トレなど/資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー

-BLOG

© 2020 Yoake Web