BLOG

値上げ商法を繰り返す情報商材屋の教材を買ってはいけません

よあけウェブ

WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社やミュージシャンのHPなど)→転職→うつ→ブログ4年で年収500万円。メルマガ読者1200人超え。LINE読者100人超え/ブログ・音楽・筋トレなど/資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー

現在、noteでは値上げ商法をする人の記事は非公開対応されるようになりました。
未成年者のnote利用も厳しくなり、規約も変更されました。
この記事は「過去にこういうことがあったよ」という資料として残しておきます。
2020年7月

 

値上げ商法を繰り返す稼ぎ方はかなり違法的

キメラゴンくんがnoteとBrainの販売価格を短い期間で値上げ販売をするようになりました。
当方でも法的に調査してみたところ、これは違法になるのでは?と思ったので後半で明らかにしていきます。
彼がやっているのは値上げ商法で、これは消費者庁にもある二重価格表示のガイドラインに抵触します。

値上げ商法を繰り返す情報商材屋の教材を買ってはいけません。
はじめは980円で販売されましたが、今は2万円の値段がついており、その予定数も売り切れたらさらに値上げすると言っています。
980円で販売されている時に購入し、内容を読みましたが2万円も出して読む内容ではないです。

消費者庁の「悪質商法などから身を守るために」のページも読みましょう。

 

1日で100万円以上稼いだ中学生の話


へぇー、こんな中学生がいるんだ。
将来有望だなぁと思った記憶が残っています。
中学生でYahoo!ニュースに掲載されちゃうラッキーボーイではあるけど、そこに繋がるまでに彼はリアルな行動を起こしています。
そういうところは見習いたいところです。

 

中学生が書いた情報知識のnote キメラゴンくんのメイン収入源

980円の有料(1月から1980円)でしたが、大多数のメルマガ読者のブログよりも文章が読みやすく構成もしっかりしており、負けてる大人が多すぎるなって思いました。
最近買ったコピーライティング系のKindle本よりも内容は役に立ちました。
このブログでも必須項目にしている「成功の地図」
特に自己ブランディングがしっかりしているし、それに基づいた情報発信から自己商品の販売まで簡素に完結しています。
短期間をキャンペーンにしてあとで値上げするという手法もセールスの定番。
そこもサラッとやってます。
短期間でこれだけできてるのがすごい。


あっという間に140万円を突破しちゃったみたいですね。


私は彼の勢いなら売上が1000万円を突破するだろうと思い、彼にそう伝えましたがその時は彼はまだ弱気だった。
だが記事がバズり始め、収入が増えると彼はどんどん強気になっていった。
そして販売方法など知っている人からすると違法性のある手法を頻繁にやるようになってしまった・・・

 

キメラゴンくんの稼ぎ方 違法性はあるのか?

キメラゴンくんのnoteの価格が大変高価になっている。
はじめに980円だったnoteの価格を「期間限定!予定数売れたら値上げします!」とTwitterでフォロワーを煽って販売を繰り返している。
noteの内容は決して悪いものではない。
980円なら適切な価格だっったと言える。
情報のない内容自体はググれば無料で出てくる程度のものだが、彼の行動力や経験が語られているのでそれを読むという意味では有料でも問題ないだろう。
しかし現在、2万円ほどの価格がついている。
度重なる値上げ販売をやっているが、これは違法性が高い販売方法だ。

最後に値段設定の話に移りますが、2019年の12月中は980円で売り出します。(このnoteが発売されるの12月30日なので割引期間めちゃくちゃ短いですが、、、)
そして、1月からは1980円で売ります。
そこからは段階的に値上げしていって、最終的に4980円とか5980円くらいで落ち着けていこうかなと思います。
たくさんnote作って小売で出していくのもそれはそれでいいかなとも思うんですが、「1つに全てを詰め込まれていてそれを買えばキメラゴンの知識を全て学べる」というnoteを一冊作っちゃいたいと思っていたので、その影響でちょっと高めの値段設定にします。
》【発信で月収6桁達成のテンプレ】月収6桁の中学生が一年間でやってきたこと

彼自身、最高でも5980円ぐらいがこの商材の妥当な値段と想定していたのだ。
それが現在は2万円近い値段にしている。
値上げしても買う人がいるのでおもしろくて値上げをしてしまうのだろう。
数字やお金には中毒性があるので、おもしろくて止めることができないのかもしれない。
しかしこの手法をやりすぎると違法性が出てしまう。


彼は値上げを続けていますが、記事を追記したのは一度だけ。
つまり商品の価値は上がっていないのです。
見込み客を煽って「今買わないと値上がりしてから買うと損する!」という心理にさせるのです。
「売り切れ」といっては値上げを繰り返している。
値上げをして売り続けるなら「売り切れ」とは言わない。
それを焦って購入する人がいるのも驚きだ。
こういうタイプの人たちは、ただのプラスチックの玉を水晶だと言われて何十万もお金を払ってしまうタイプの人間だ。


キメラゴンくんの販売方法の違法性はこの辺りが抵触してくる。

将来の販売価格を比較対照価格とする二重価格表示

  • 表示された将来の販売価格が十分な根拠のあるものでないとき(実際の販売することのない価格であったり、ごく短期間のみ当該価格で販売するにすぎないなど)には、不当表示に該当するおそれがあります。

キメラゴンくんは結果的に価格の二重表示どころかいくつもの価格を表示して違法的な販売方法を行っている。
》二重価格表示の違法性について|消費者庁
》マルチ商法について|ウィキペディア

有利誤認表示

価格や期間、数量、支払い条件、アフターサービスなどのメリットなどについて、商品を“実際よりお得に見せる”こと。
販売実績のない通常価格と比較して安くしたように見せる二重価格を表示したり、常に値段は変わらないのに“今だけ割引”といったり、本当は制限なく提供できる商品を“限定10食”などといったりして、“今買わないと損する”と思わせるような、取引条件に関するものも当たる。
「実際に期間限定で安売りする場合や、本当に限定10食しかない場合は、強調してアピールしても問題ありません。しかし、最初から期間限定とするつもりがない場合や、期間限定と示した後にその期限を過ぎたら同一割引企画を繰り返し実施する場合、限定10食と示した後に大量注文に応じる場合も、結局は期間限定や数量限定ではないので有利誤認表示と判断される可能性があり、注意が必要です
引用:繰り返される景品表示法違反。「知らなかった」では済まない、不当表示のルール

在庫がなくならないデジタルコンテンツを「あと〇〇部のみ販売、売り切れたら値上げして〇〇円で販売します」という告知は違法の可能性大だ。
noteやBrainの一部で行われている悪質な販売行為は将来的に規制されるだろう。
消費者庁からもデジタルプラットフォームのトラブルについて規制が入るだろう。
》第2回デジタル・プラットフォーム企業が介在する消費者取引における環境整備等に関する検討会(2020年1月27日)

本当は制限なく提供できる商品を“限定10食”などといったりして、“今買わないと損する”と思わせるような、取引条件に関するものも当たる。
》行政処分事例
引用:繰り返される景品表示法違反。「知らなかった」では済まない、不当表示のルール

2万円も出せばもっとセールスマーケティングのスキルが身につく教材を購入することができる。
あなたはそれでもキメラゴンくんの情報を購入しますか?
》【発信で月収6桁達成のテンプレ】月収6桁の中学生が一年間でやってきたこと


マナブログのマナブさんはこのようなことを呟いている。
これはキメラゴンくんとは無関係だが、レベルの低いノウハウを喜んで購入している人を哀れんでいるような気もする。
》ブログ型アフィリエイトの完全講義【ブログ歴6年の僕の集大成です】

追記:また値上げ商法をやっています。
繰り返しますがこれは違法ではないかと。
値上げさせないためにも購入を控えましょう。


(追記:3月10日)

note 利用規約改定のお知らせ

noteの運営 株式会社ピースオブケイクから明確な回答が出ました。

主な変更箇所1.売上を公開して購入を煽る行為の禁止
2.未成年者による有料記事販売の制限

利用規約改定のお知らせ|note

(追記:3月18日)

みなさま、チキンレースはしかけないでください。ギリギリをせめても、メアドや振込口座やIPアドレスはサービス側に把握されています。ボーダーを越えれば容赦無く記事が消され、アカウントが消され、悪質度によってはポリスへGOとなるだけです。
note規約変更への個人的な雑感|深津 貴之 (fladdict) 


ひとまず結果が出たようです。

折角のデジタルプラットフォームを悪用するとか、足元を見た商法を行うとかはビジネスとしてフェアじゃないし詐欺行為です。
情報発信者は売り方を考えよう。

 

友だち追加

おしらせ

ネットはやっぱり面白い: 20年ほどネットで稼いでいる変な人の思考 (YOAKE Web) Kindleを出版しました。 『ネットはやっぱり面白い』 令和、新型コロナ、外出自粛・・・ どんどん時代が変わる中、1999年から20年ほどネットで稼ぎ続けている変な人が書いた本。 とにかく現代では最低限生きていくために必要なことのひとつとして、求められていることは「自宅に居ながらにして収入を得る」ということではないだろうか? Amazonで購入

にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
にほんブログ村

\記事が役に立ったと思ったらシェアや感想をお願いします/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よあけウェブ

WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社やミュージシャンのHPなど)→転職→うつ→ブログ4年で年収500万円。メルマガ読者1200人超え。LINE読者100人超え/ブログ・音楽・筋トレなど/資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー

-BLOG

© 2020 Yoake Web