人と関わらない仕事
 \クリックで応援!/

起業

人と関わらない仕事

よあけウェブ

WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社やミュージシャンのHPなど)→転職→うつ→ブログ4年で年収500万円。メルマガ読者1200人超え。LINE読者100人超え/ブログ・音楽・筋トレなど/資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー

人と関わらない仕事、私がオススメするのはネットを使ったひとり起業です。

ひとり起業とはどのようなものか、方法やメリット・デメリットを含めて解説していきます。

人と関わらない仕事について書いていきます。

 

人と関わらない仕事

人と関わらない仕事は、探せばいろいろあります。

自分の経験からいうと、派遣会社で検品の仕事をする仕事がそうでした。

とはいえ、大勢いる工場での仕事ですから大人数にまみれて、朝礼や昼食などの団体行動も必要です。
9割は一人でひたすら検品をするというストレスが低いものでした。

ストレスがあるかないかは人によります。
一人で黙々と作業をすることがストレスになる人もいるでしょう。

多少人と関わって会話がある方が楽しいという人の方が多いと思います。

 

人と関わらない仕事を探しているあなたは、きっと孤独が苦にならない人だと思います。
それか、人と関わって仕事をして物凄いストレスを抱えてしまった人かもしれません。

そういう人が人と関わる仕事をすると、人間関係で疲れてしまうと思います。

 

お前は根暗だとか、もっと人に気を使えとか、わからないことがあれば人に聞けとかいろいろ言われるし、ストレスになることが多いでしょう。

 

私も人と関わるのがあまり得意ではなく、人と話すことがメインとなる接客業や営業の仕事などは向いていません。

でも私は飲食店の接客業から仕事をスタートしましたし、楽しいとさえ思っていました。
仕事自体は確かに楽しいのですが、人間関係で疲れてしまうことが多々ありました。

これは私自身の性格などに大きな問題があると思います。
でも性格を矯正することは難しいです。

社交的に慣れと言われても続かないのですから。

接客業界は5年経験して辞めました。

その後についた仕事はデザイナーでした。

私は子供の頃からみんなと遊ぶよりも黙々と絵を描いたりすることが好きでした。
想像の世界で黙々と没頭することが好きでした。

デザイナーやプログラマーは黙々と仕事ができるので適職でした。
ただしやはり多少は人と関わります。

ほかの人の尻拭い的仕事をしないといけなかったり、やはり人と関わって問題が起こることがストレスになります。

人と関わることは悪いことではありませんし、人を成長させてくれる良い機会です。
でも自分と価値観が合う人以外の人とはあまり関わりたくない、というのが正直なところではないでしょうか。

 

人と関わらない仕事のデメリット

人と関わらない仕事をするとどうなるのか?
デメリットからお話しします。

  1. コミュ障になる
  2. 孤独感がある

 

人と関わらないと人と会話をしなくなります。
結構簡単にコミュ障になります。

コミュニケーション障害です。

コミュ障になると、街で突然知り合いに出会った時など、すぐに声をかけることができなかったり挨拶ができないということが起こります。
その結果無愛想な人、常識がない人と思われてしまうのです。

人は完全に孤独になると精神的に崩壊してしまいかねません。
人と関わることが苦手な人でも他人を大事にする気持ちは大切です。

常に機嫌をよくしておくとか、楽しい気持ちで過ごしていればマイナスイメージは払拭されることがあります。

人との関わりを最小限にすることで、短時間のコミュニケーションがストレスなく出来るようになります。

人と関わりすぎると常にイライラしてて攻撃的な性格になってしまいます。
心当たりがある人は人と距離を置くことも必要でしょう。

 

人と関わらない仕事のメリット

人と関わらない仕事にはメリットもあります。

 

  1. ストレスが軽い
  2. 時間の自由が得られる

 

人間関係で気を使わないのでストレスが非常に軽いです。

「おはようございます」

「お疲れ様です」

「最近どうですか?」

「昨日のサッカーの試合凄かったね」

「昨日のドラマ観た?観てないの?めちゃおもしろいよ」

 

挨拶ぐらいはすべきですが、興味のない世間話は苦痛でした。

でも正直なところ、そういう雑談がストレスなくできる人はある意味羨ましいなと思います。
私の場合は、そういったことに興味がなければ雑談のためにドラマやスポーツをチェックしなければいけなくなる。
新聞やニュースも毎日チェックしないといけない。

そこにいったい直接何の意味が?!

と思ってしまいます。

むしろブログを始めてしまえば、そういった無駄になる雑談も、うまくアクセスを集めることが出来ればお金にすることもできるわけです。

ネットやテレビをチェックしていれば、いくらでもネタは出てきます。

 

経済的に問題がなければ好きな時に、好きな場所に行けます。
収入さえ安定して入ってくれば人と合わなくてもいい。

ひとり最高!

孤独最高!

 

自分の苦手な人とか関わらずにに、自分の好きな人とだけ関わればいい。

とはいえ、1人で仕事ができるようになると、一見働いているように見えないあなたは嫌われるかもしれません。
価値観が違う人とは仲良くなれません。
こちらは1人が好きなので特に問題はありません。

イライラしているのは相手です。
こちらは時間に余裕があるし人間関係にもストレスがないので、常に笑顔でいればいいだけです。

 

「人間やっぱり働かなあかんで」

「もうええっちゅうぐらい働いたよ(笑)」

 

相手と同調して一緒に怒ったり嫌味を言えば、それこそ人間関係が破綻するので注意。

「この人は頭使って働いてるねん」

わかってくれる友達も多いです。

 

人と関わらない仕事をする方法

人と関わらない仕事にはどんなものがあるでしょうか?

  1. 投資
  2. 仮想通貨
  3. パチプロ
  4. デザイナー・プログラマー
  5. ブログアフィリエイト

 

パチプロは社会的にも安定性を考えても無しかなと思います。
私はじつは、以前に少しだけパチンコ店で働いていました。

毎日、朝から晩までパチンコ台に座っている人がいるのです。
パチプロですね。
1日に何十万も負けることもあれば、何十万も勝つこともあるようでした。

マイナスが起こる限りビジネスとは言えないので、これは仕事は言えませんね。

ギャンブル・イズ・ギャンブル

投資や仮想通貨は元でもノウハウも必要なので、今お金がない人が取り組むべきではないかと思います。

 

デザイナーやプログラマーを目指す人も多いですね。
今なら動画編集者を目指す人も多いです。

頭が良ければ数ヶ月勉強すれば、実用レベルまでに慣れるのは事実だと思います。
私はそういった若い人を何人も育てた経験があります。

やっと初心者レベル、というところまで育ててあげると、何とか就職できるレベルにはなります。
でも人と関わりたくなければ、フリーランスで起業しなければならないので、かなりハードルが上がります。

人脈も経営感覚もなければコンスタントに収入を作ることは難しいので、未経験者がこの業種で、いきなり人とか変わらず仕事をスタートするのは非常に難しいです。

私は人脈を持っていたので、フリーランスで仕事をスタートすることができました。
デザインスキルが低くても、人脈があれば仕事がもらえます。

スキル<人脈

むしろ人間関係が大事なのです。

 

無職になってブログを始めた私はどうなったかというと、仕事で顔を合わせる人がゼロ人になりました。

デザイナーだった時でさえ、月に数人とは打ち合わせをしたり、毎日のように担当者とメールや電話で打ち合わせをしたりしていました。

それが、ブログを始めたら関わる人間がゼロ人になりました。
顔を合わせるのは家族のみ!

完全なる孤独

ときどき近所の飲食店で常連さんと会話するぐらい。
あと地元の友達と。

仕事では人間関係がゼロになりました。

 

プライベートで人と交流はするし、インターネット上でも交流するので、完全な孤独かと言えばそうではありません。

プライベートで人と関わらないで生きていける人はいませんが、仕事で人間関係がほぼゼロというのは、ブログの面白いところかもしれません。

上司も部下もいない『ひとりブログ起業』は働いている人からすると異様な世界です。

本人ですら、あたらめて面白いなと感じることがあります。

 

ブログ起業の方法を知りたい人は、無料で配布しているレポートを試しに読んでみてください。

 

人と関わらない仕事
人と関わらない仕事・暮らしをしながら累計1000万円稼ぎました

続きを見る

ブログを読んだらクリックでお知らせしてくれると飛んでよろびますヽ(´▽`)/

LINE登録でプレゼント

初心者にとってはじめの1万円を稼ぐハードルが高いのです

ブログではじめの1万円を稼ぐ方法

 

\迷わずにはじめの一歩を踏み出すブログ入門/

・ブログの始め方

・ブログの固定ファンを増やす方法

・【特別掲載】AdSense審査に合格する方法

友だち追加

おしらせ

ネットはやっぱり面白い: 20年ほどネットで稼いでいる変な人の思考 (YOAKE Web) Kindleを出版しました。 『ネットはやっぱり面白い』 令和、新型コロナ、外出自粛・・・ どんどん時代が変わる中、1999年から20年ほどネットで稼ぎ続けている変な人が書いた本。 とにかく現代では最低限生きていくために必要なことのひとつとして、求められていることは「自宅に居ながらにして収入を得る」ということではないだろうか? Amazonで購入

販売コンテンツ

にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ

\記事が役に立ったと思ったらシェアや感想をお願いします/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よあけウェブ

WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社やミュージシャンのHPなど)→転職→うつ→ブログ4年で年収500万円。メルマガ読者1200人超え。LINE読者100人超え/ブログ・音楽・筋トレなど/資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー

-起業

© 2020 Yoake Web