MENU
よあけ
【著者プロフィール】ふなさん
▶︎ WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社のHPなど)
▶︎ WordPress構築歴は10年以上
▶︎ 資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー
▶︎ WordPress構築最適化・テーマの活用方法・アフィリエイトブログの作り方など発信
▶︎ ブログ収入は1000万円以上を達成しています。
▶︎ 掲載しているノウハウ・結果には個人差があり、成果を保証するものではありません
▶︎ 趣味:ブログ・音楽・筋トレなど
WordPressテーマおすすめTOP3

WordPress移転(移行)手順|エックスサーバー

エックスサーバーの『WordPress簡単移行』という機能を使うとWordPressブログの移転(移行)が簡単にできます。

移行元のログイン情報があれば簡単に移行できます。

使っているテーマやアップロードした画像なども一括で移行できるので非常に便利です。

ドメイン名を変えたいとか、WordPressのディレクトリを移動したい場合に非常に便利です。

目次

WordPress移転(移行)手順

  1. WordPress移行情報・新しい移転先のURLを入力
  2. 確認・実行
  3. 移行完了!

移行を開始する前に既存のWordPressのログのバックアップをとっておきましょう。

データベースのバックアップをとった方がいいですが、そこまでしなくても移行自体はできます。(自己責任になります)

新規ドメインで行う場合は、移行前にドメインの設定などは済ませてエックスサーバー でドメインを使えるようにしておく必要があります。

WordPress簡単移行|エックスサーバー

WordPress移行情報・新しい移転先のURLを入力

エックスサーバー の管理画面から『WordPress簡単移行』へ移動。

必要なもの

  • 移行元URL
  • 移行元WordPressのユーザー名
  • 移行元WordPressのパスワード
WordPress移転(移行)手順

必要事項を入力して実行すればこのような画面に切り替わります。

間違いなければ移行を開始!

ポイントはWordPressをインストールしているディレクトリ名まで入れるところです。

サブドメインからサブドメインの移行も成功しました。

WordPress移転(移行)手順

確認・実行

WordPress移転(移行)手順

ここでタイムアウトになり失敗する場合がありました。

少し時間をおいて再度やってみたら成功しました。

移行完了!

WordPress移転(移行)手順

無事にデータの移行が完了したら新しいURLでWordPressにログインできるようになります。

基本的にはログイン情報もテーマの設定も以前のWordPressと設定などは同じです。

非常に便利ですよね。

WordPress移行後にやっておくべきこと

WordPressの移行を行うのは簡単ですし、とりあえずは以前と同じようにWordPressが表示されるはずです。

でも記事内の画像のURLは以前のURLのままなので変更する必要があります。

プラグインを使えば一発でこの問題を解決できます。

検索/置換を実行するプラグイン Better Search Replace

検索/置換を実行するプラグイン『Better Search Replace』を使って画像ファイルのURLを置換えます。

画像URLの変更例


https://yoake.cloud/blog/wp-content/uploads/2020/10/wp-move03.png

↓

https://yoakeweb.com/blog/wp-content/uploads/2020/10/wp-move03.png

画像が入っていた旧ディレクトリのまま記事に画像URLが書かれているところを、移行後のディレクトリに置換えます。

yoake.cloud/blog/ を検索してyoakeweb.com/blog/ に置き換える作業をすればOKです。

初心者の人はこういう単純な作業でミスを起こしてしまい、ログがめちゃくちゃになることがあるので、しっかりバックアップをとっておくことは大事です。

WordPressの移行を行うときはアフィリエイト広告の登録URLを変更させたり、新規で登録しなければいけない場合もあるので、その点も大丈夫か確認してから行いましょう。

WordPressデータの移行自体はエックスサーバー なら一発でできます。

ドメインの転送設定

サイトを引っ越した場合、できれば旧アドレスから新アドレスに自動で転送された方がいいですよね。

その方法を紹介します。

旧サイトの.htaccessの設定に以下を追記します。

# Redirect
Redirect permanent / https://新しいドメイン/

.htaccessというファイルはサーバーのディレクトリ直下に1つだけあるファイルです。
ない場合は自分で作ります。

この設定をするだけで旧アドレスから新アドレスへアクセスが引き継がれます。
設定自体は簡単ですが、技術的な編集行為なのではじめてやる人は戸惑うかもですが、非常に簡単にできます。

GoogleサーチコンソールやGoogleアナリティクスのURL変更

旧ドメインから新ドメインに変更すればいいだけなのでこの変更も簡単にできます。

  • URLをコピーしました!

レンタルサーバーの選び方

スクロールできます
サーバー特徴月額料金

ConoHa WING
詳しく
ドメイン2つ無料
300GB
WEXAL®高速化
初月無料
3ヶ月契約
1,210円/月
wpx シン・レンタルサーバー
シン・レンタルサーバー
詳しく
ドメイン1つ無料
300GB
KUSANAGI高速化
お試し期間10日
3ヶ月契約
693円/月

ロリポップ!
詳しく
無料ドメイン1つ(12ヶ月以上)
400GB
初期費用無料(ハイスピードのみ)
お試し期間10日
ハイスピードプラン
3ヶ月契約
1,210円/月

さくらのレンタルサーバー
詳しく
初期費用無料
300GB
初期費用無料
お試し期間2週間
スタンダード
524円/月
各レンタルサーバーの比較

WordPressの始め方

スクロールできます
テーマ名AFFINGER6 ACTION
AFFINGER

SANGO

SWELL
税込価格14,800円11,000円17,600円
Gutenberg対応
高速化プラグインが必要プラグインが必要独自高速化機能
ABテストオプション
ダウンロードConoHaで割引ダウンロード
ブロックエディタ対応のおすすめ有料テーマ

この記事を書いた人

【著者プロフィール】ふなさん▶︎ WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社のHPなど)▶︎ WordPress構築歴は10年以上▶︎ 資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー▶︎ WordPress構築最適化・テーマの活用方法・アフィリエイトブログの作り方など発信▶︎ ブログ収入は1000万円以上を達成しています。▶︎ 掲載しているノウハウ・結果には個人差があり、成果を保証するものではありません▶︎ 趣味:ブログ・音楽・筋トレなど

目次
閉じる