BLOG

1億円稼いだ小玉歩とは?

よあけウェブ

WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社やミュージシャンのHPなど)→転職→うつ→ブログ4年で年収500万円。メルマガ読者1200人超え。LINE読者100人超え/ブログ・音楽・筋トレなど/資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー

ネットで1億円稼いだ小玉歩メルマガから学べること

小玉歩さんは情報業界でもトップクラスで稼いでいる。
メルマガに登録しても危険はないのか?
どんな商材がオファーされるのかを紹介する。

 

小玉歩とは?

小玉歩さんはネットの転売で成功してその後情報販売に移行しさらに収入を伸ばした、一昔前の世代の典型的なネットビジネス成功者だ。
彼が何をして成功したのかは「クビでも年収1億円」という本に詳しく書かれてある。

 

ネットビジネスで成功する法則とは?

私はネットビジネスを再開した時に何人かの人を参考にした。
ブロガーで有名なイケダハヤトさんは年収があまり高くないようなのでリサーチ対象から外した。

さらに上に人がいるんだから、わざわざ低いところを参考にしなくてもいいよな。

 

研究目的で小玉歩のメルマガに登録した結果・・・

小玉歩

サラリーマンで1億円稼いだらしい

 

濱田大輔さん

皿洗いのバイトをやめて1億円稼いだらしい

小玉歩さんのメルマガに登録すると成功哲学っぽい内容が送られてくる。
ときどき商材やセミナーのオファーがありますが、変な商材はオファーしてこない。
ちゃんと小玉さんの会社で商材を使ってノウハウを試してみたりものがオファーされることが多い。
一番のメリットは、情報商材業界で今、どんな商材が発売されるのかを知ることができる点だ。

 

小玉歩のプロフィールが面白い

国立大学卒業→ キヤノンに就職→ 在職中に音楽活動でメジャデビュー→ 株式投資で失敗→ 深夜の居酒屋でバイト→ 副業で年収1億稼ぐが会社にばれてクビ→ 現在。

クビでも1億円

『クビでも年収1億円』の小玉歩さんのゴールデンルールとは?

 

ゴールデンルール1【転売小売】
オークションで荒稼ぎ

ゴールデンルール2【転売専門店】
定期的に入手できる利幅の大きい商品に出会えば
それを販売するネットショップを開設

ゴールデンルール3【情報提供】
稼いだ情報をメルマガで配信&メールやブログで商品紹介

ゴールデンルール4【情報コンテンツ販売】
セルフコンテンツの提供
主にアフィリエイターの育成

こうやって整理して書くとなるほどって思う。
これが成功するテッパンだ。

今から模倣してもこの通りに成功できるはず。
多くの人は小売で実績を作らずにアフィリエイトだけに頼ってしまい、収益化が遅れてブログをあーだこーだといじっているうちにフェイドアウトしちゃってる感じ。

私もブログアフィリエイトを研究した。
早くて半年、1年経ってようやく副収入と呼べるぐらいの金額が稼げるようになる。
収益化するまで時間がかかりすぎる。

小玉さん、キヤノンに勤めながら毎日3時間ぐらいの睡眠でやってたそうだ。
カード地獄になったのと、ご実家の事情もあったようですがやっぱ根性ある。

稼ぐ必要があるっていうのはある意味チャンスなんだ。

でないと副収入が50〜100万円ぐらいで満足しちゃったと思う。
サラリーマンだと会社に貢献した分を給与という形で返してくれないのに対して、ネットビジネスはやればやるだけ稼げるから面白かったんだな。

 

オークションor中古販売?

私も音楽好きだったので、楽器やエフェクターはよく売った。
そして予想以上の値段がついたものだ。

それがあまり値段が上がらなくなったのが今から4年ぐらい前のこと。
オークションやる人が増えて、あまり値段が上がらなくなったのがある。
その時にAmazonが中古販売・マーケットプレイスをやりはじめた。
私はそっちで売り始めた。

オークションのように値段の変動は期待できないが、Amazonというブランドの元、なんでもない個人の出品がよく売れた。
それは今も安定して続いる。

出品すればだいたい2〜3週間で売れる。
私も今年に入って再度マーケットプレイスの出品にも力を入れ始めて、既に7万円以上売り上げている。

ヤフオク、私もやっていて不用品販売が主な目的だった。
実際思ったよりも儲かった。

CD1枚で3万円の値段が付いたりとか。
今から20年前ぐらいは中古CD屋に行くとCDを1枚300円で買い取ってくれた。
どうしてもお金がない時にCDを100枚持って行って3万円にしたこともあった。

まだインターネットをやりだした頃だから、ネットオークションとかそういう発想もなかった。

だいぽんこと濱田大輔さんもネットビジネスの実績は中古販売・せどりから始めている。
雇われずに自由に生きるって、他の人から見れば妙なことをやってるって思われるのかもしれないが、サラリーマンの方がやっぱり変かもしれないな。

会社は近い将来なくなる?

小玉歩さんの著書、クビでも年収一億円にこんな面白いことが書かれていた。

2024年には、会社はなくなる?

神田昌典さんの著書に書かれているそうですが、その頃には会社がなくなるそうだ。
これは真っ赤な嘘ではないと思う。

 

ロート製薬が社員の副業を正式に認めたようです。

国内正社員1500人、副職OKに ロート製薬:朝日新聞デジタル

あと大型CD店や大型書店の閉店のニュースも頻繁に目に飛び込んでくるようになった。

日本の義務教育はサラリーマンを作り上げるためにある

なぜならば、国民から出来るだけガッツリ収入の一部を税金として絞り上げるためだ。
起業されてしまうと節税されて国に収める金額をコントロールされてしまう。

学校が教えてくれないなら民間で起業を教えていくしかない。

 

小玉歩さんが販売している情報商材

小玉歩さんはFrontline Marketing Japan 株式会社という会社を運営している。
メルマガを購読していくうちにいくつかのオファーがある。

小玉歩 情報発信完全伝承プロジェクト

  • アフィリエイト報酬の設定あり
  • 198,000円

この他にもクローズドでオファー(売り込み)がある。

 

ふなさん
アフィリエイトで稼ぎたい人は小玉歩さんの教材は向いていません。
せどりからネットビジネスを始めて、のちに教材販売をするスタイルだから。

情報商材のアフィリエイトの方法は学べますが、一般的なアフィリエイトの方法を学びたい人には不向きだ。

当ブログでは一般的なアフィリエとの成功方法を教えているので、興味のある人はメルマガを購読してみて欲しい。

 

友だち追加

おしらせ

ネットはやっぱり面白い: 20年ほどネットで稼いでいる変な人の思考 (YOAKE Web) Kindleを出版しました。 『ネットはやっぱり面白い』 令和、新型コロナ、外出自粛・・・ どんどん時代が変わる中、1999年から20年ほどネットで稼ぎ続けている変な人が書いた本。 とにかく現代では最低限生きていくために必要なことのひとつとして、求められていることは「自宅に居ながらにして収入を得る」ということではないだろうか? Amazonで購入

にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
にほんブログ村

\記事が役に立ったと思ったらシェアや感想をお願いします/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よあけウェブ

WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社やミュージシャンのHPなど)→転職→うつ→ブログ4年で年収500万円。メルマガ読者1200人超え。LINE読者100人超え/ブログ・音楽・筋トレなど/資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー

-BLOG
-

© 2020 Yoake Web