MENU
ワープレ
【著者プロフィール】
▶︎ WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社のHPなど)
▶︎ WordPress構築歴は10年以上
▶︎ 資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー
▶︎ WordPress構築最適化・テーマの活用方法・アフィリエイトブログの作り方など発信
▶︎ ブログ収入は1000万円以上を達成しています。
▶︎ 掲載しているノウハウ・結果には個人差があり、成果を保証するものではありません
▶︎ 趣味:ブログ・音楽・筋トレなど
レンタルサーバーからWordPress開設まで〜ブログを始めるにはどこがいい?

WordPress– WordPressブログの始め方 –

当ページのリンクには広告が含まれています。

WordPressの基本設定

WordPressを初心者でも最高の相棒に。

以前はワードプレスを始めるにはプログラム言語やサーバーのことがわからなければ開設することがむずかしかったけど、今はワンクリックで設置することができる。

WordPress初心者でもわかりやすいようにワードプレス構築や運営術について解説しています。

ブログ初心者さんは、残念ながらワードプレスをまともに構築できている人が少ないです。(有名ブロガーでもWordPressの適切な設定ができてない人も多いです)

これが例えば、宅配バイク便を仕事にしているなら、バイクが運転できてない状態です。

運転できる人なら経営に集中できますが、バイクすらまともに運転できない状態でどうするの?!って感じです。

それでもやってる気になれるところがブログの闇。

でも心配いりません。

私がワードプレス 構築の仕事を通じて培ってきたWordPress構築ノウハウを全て書き出してまとめました。

WordPressワードプレスとは?

WordPress(ワードプレス)とは、サイト構築を行うプログラムの一種でCMS(コンテンツ管理システム)です。

ブログサイトやホームページ構築に使われるオープンソースのブログソフトウェアで誰でも自由に無料で使えます。

PHPというプログラム言語で開発されておりデータベース管理にMySQLが使用されています。

GNU General Public License (GPL) で配布されいるので、誰でも自由に使うことができ改変・再配布も可能です。

日本では2003年ごろから使われるようになり、私も当時海外サイトからプログラムをダウンロードしてきて自力でWordPressサイト構築を行なっていました。

当時は日本語対応していなかったので英語や使い方がわからないと更新しにくく、クライアントに渡せない状態で日本ではまだまだ実用的な運用レベルではなかったです。

2006年ごろにはじめてWordPressを使ったサイト構築案件は海外の会社のデザイン案件でした。

2010年ごろから、ようやく日本でもWordPressでブログ付きのサイト構築が一般的にできるようになってきました。

当ブログではブログ運営向けのWordPressの設定や使い方を解説しています。

番号順に読んでいき、抜けがないように設定しましょう。

WordPressのインストールから初期設定、カスタマイズ方法やおすすめのプラグインなど、ワードプレス導入時にチェックしておくべき点を網羅しました。

ログイン時のトラブル対処方法もいろんなパターンから紹介。

WordPressワードプレスでホームページやブログを作る場合

WordPressワードプレスを使ってサイト構築をする場合、固定ページと投稿ページを使い分けます。

サイト更新計画をしっかりと立てておく必要があります。

固定情報、例えばカフェなどの個人店舗のサイトを作成するとします。

固定ページには、営業時間、アクセス、料金案内、メインメニューなどで構成します。

投稿記事には店主からのメッセージやお店の企画情報などを随時掲載していきます。

つまり、固定情報と変動情報をうまくわけて構成します。

更新情報がないサイトはSEO的にも集客的にもマイナスなので、店主やスタッフがまめに店舗情報などを更新しやすい仕組みづくりが大切です。

WordPressが使えるレンタルサーバーを契約する

むかしはWordPressをサーバーに構築するには、プログラミングとサーバー管理やデータベース管理の知識がないと無理でした。

今はそういった専門知識がなくてもWordPressを開設して運営することができます。

サーバー特徴月額料金
wpx シン・レンタルサーバー
シン・レンタルサーバー
詳しく
ドメイン1つ無料(2つ目は初年度無料)
300GB
KUSANAGI高速化
お試し期間10日
他社と比較してコスパ最強!
シン・レンタルサーバーの評判

シン・レンタルサーバー公式
3ヶ月契約
990円/月
3年契約
770円/月
シン・レンタルサーバー

エックスサーバー
詳しく
.comを含む独自ドメイン2個永久無料
300GBKUSANAGI高速化
無料お試し期間10日間
長期プランなら月額990円 キャンペーン中はさらに安い

エックスサーバーの評判レビュー
初心者のためのブログ始め方講座

3ヶ月契約
1,320円/月
3年契約
990円/月
693円/月
エックスサーバー

ConoHa WING
詳しく
ドメイン2つ無料
300GB
WEXAL®高速化
初月無料
コノハウィングの評判
3ヶ月契約
1,331円/月
3年契約
652円/月

ロリポップ!
詳しく
無料ドメイン2つ(12ヶ月契約以上)
400GB
初期費用無料
お試し期間10日
ロリポップ!サーバーはコスパ良さそうで悪い
ロリポップ!サーバーの評判
ハイスピードプラン
3月契約
1,320円/月
12月契約
990円/月
各レンタルサーバーの比較
キャンペーン特典

期間:〜2024年3月4日 12:00まで

初回利用料金が30%オフ!
ベーシックプラン12ヶ月が通常税込10,560円のところ税込7,392円で、3,168円ほどお得です!

永久無料ドメイン1個 or 10日間無料お試し期間

WordPressテーマの選び方

WordPressテーマは全世界で本当にたくさんのテーマがあります。

ところが日本語対応の使えるWordPressテーマはごく一部に限られており、人気も集中しています。

初心者向けの無料テーマから収益化向けの有料テーマまで厳選して紹介します。

テーマ名
SWELL

SANGO
AFFINGER6 ACTION
AFFINGER
税込価格17,600円14,800円14,800円
Gutenberg対応
高速化独自高速化機能あり独自高速化機能ありプラグインが必要
ABテストオプション
ダウンロードConoHaで割引ダウンロード
ブロックエディタ対応のおすすめ有料WordPressテーマ

サイトデザインには大きくわけて2種類あります。

  1. HTML+CSSでコーディングを行う
  2. WordPressを開設する

HTMLとCSSを組んでサイト構築する方法は技術があれば無駄なく自由なサイトデザインができます。

この方法をコーディングと呼びます。

コード、プログラムを書いてサイト構築します。

ですが労力、時間がとてもかかるので、低予算のサイト作成ならWordPressを使うのがおすすめです。

オリジナリティのあるデザインはできませんが、整った一般的なサイト構築やブログを作ることができます。

WordPressのデザインを簡単に行うためにWordPressテーマを使います。

WordPressテーマにはライセンス問題が絡んでおり、自分で使う分には自由ですが、第三者に納品できないルールがあるWordPressテーマも多いです。

当ブログでも使用している『SWELL』というWordPressテーマは100%GPLライセンスなので、SWELLをベースにカスタマイズをしてWordPressデザインで利益を得ることも可能です。

クライアントにもWordPressテーマを別途購入してもらう必要もないです。

ただしバージョンアップなどが出来ないため、WordPressテーマの自動更新を行う場合は、WordPressテーマを購入していただいただく必要があります。(この形が理想です)

SWELLは、WEBデザイナーさんには非常にありがたいワードプレステーマです。

SEOに強いパーマリンク設定

SEOに影響するパーマリンク設定の方法と解説です。

必ずやっておきましょう。

セキュリティー対策

ワードプレスのデメリットはスパム攻撃を受けやすいことです。

WordPressの構造は全世界共通なので、ログインページを変えておかないと攻撃され放題なんです。

セキュリティー対策はしておきましょう

サイト設計とブログ記事の書き方

ワードプレスが完成したら記事を書いていきます。

記事を書く前に情報発信のテーマを決めて検索ニーズを調査してからはじめます。

サイトに大きなアクセスを集める集客方法はいくつかありますが、ここではSEO対策を行なった記事ライティング方法を解説しました。

SEO対策は無料でできる集客方法なので、マスターすれば一般の人でもたくさんのアクセス数を集めるサイトを作ることができます。

123...4