MENU
よあけ
【著者プロフィール】ふなさん
▶︎ WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社のHPなど)
▶︎ WordPress構築歴は10年以上
▶︎ 資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー
▶︎ WordPress構築最適化・テーマの活用方法・アフィリエイトブログの作り方など発信
▶︎ ブログ収入は1000万円以上を達成しています。
▶︎ 掲載しているノウハウ・結果には個人差があり、成果を保証するものではありません
▶︎ 趣味:ブログ・音楽・筋トレなど
ブログの始め方 - なぜ初心者でも稼げるのか?

ConoHa WING(コノハウィング)は障害が多い?具体例と解決策

※当ブログのすべての情報は可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、掲載しているノウハウ・結果には個人差があり、成果を保証するものではありません ※当ブログのリンクの一部には広告が含まれます。

目次

ConoHa WINGコノハウィングのエラーの具体例と解決策

  • コノハサーバーのデメリットを知りたい
  • ConoHaサーバーは障害が多いのは本当?
  • 障害や不具合の対策方法を知りたい

こんな悩みや不安がある人はこの記事を参考にしてください。

実際に使ってみて起きた障害やトラブル解消方法を紹介します。

コノハウィングの気になる点を解説

ConoHaサーバーを使って実際に起きた困ったこと。

  • SSLが有効になる期間が長い(24時間程度)
  • レンタルサーバーの乗り換えの場合、トラブルが多かった(キャッシュやセキュリティーの問題で予想の範疇内)
  • ブログの閲覧ができない
  • ブログの更新保存ができない

レンタルサーバーConoHa WINGを使って設定時にちょっと困ったことが起こりましたが、調べればすぐに解決できました。

それ以降は使っていてもサーバーがダウンしたりというトラブルは起こっていません。

ConoHa WINGは安心して使える信頼できるレンタルサーバーです。

ConoHaサーバーの障害の具体例と解決策

ConoHaサーバーを使ってみて実際に起きたトラブルと解消方法を説明します。

初めはびっくりするかもしれませんが、ひとつひとつ対処していけばトラブルは解決できます。

ConoHa WINGにはお試し期間がない?!キャンセルできない

これはトラブルというか不満な点なのですが、ConoHa WINGのデメリットはお試し期間がない点です。

他のレンタルサーバーはお試し期間があり、無料でサーバーの性能を試してから、不満足ならキャンセルすることも可能です。

ConoHa WINGの場合はそういう期間がない。

その代わりコノハサーバーには最大31日間無料になるサービスがあります。

レンタルサーバーはころころ頻繁に変える物ではないので、一度使い始めたら何年も使います。

口コミなどをしっかり読んで比較検討して、自分が納得できるプランがあるレンタルサーバーを使えばOKです。

サーバー移転時のドメインの移行が遅い

ドメインの移行・浸透に24時間ぐらいかかる

これは個人的体験ですが、ドメインを変更して乗り換え先サーバーでドメインが表示されるまでに24時間ぐらいかかりました。

この影響でSSLに切り替えるのも非常に時間がかかりました。

ほかのレンタルサーバーだと1時間ぐらいで完了することが多かったので、正直遅いなと感じてしまいました。

ドメインを管理しているのはGMOのお名前.comを使っています。

ConoHa WINGもGMOグループの会社なのですが、同じグループだから移行が早くなるとかはないようです。

ドメインの移行は新旧どちらかのサーバーで表示されるので、大きな問題はないのですが、その間のアクセス数は確実に下がります。

その点は気をつけましょう。

ConoHa WINGに乗り換える場合は注意!

ConoHa WINGはセキュリティーが強いです。

これはメリットではあるのですが、レンタルサーバーの乗り換えの場合、それが原因でエラーになることがありました。

  • ブログの閲覧ができない
  • ブログの更新保存ができない

比較的よくあることなので焦らなくても大丈夫でした。

「 閲覧できません(Forbidden Access)」エラー時の解決方法

閲覧できません(Forbidden Access)

閲覧できません(Forbidden Access)

見たこともないようなアラートが出てびっくりしました!
どうすればいいんだ?!

【解決策】WAF設定をOFFにする

ConoHaのセキュリティー設定ページに「WAF」があります。
これを「除外」に設定することでトラブルが解消します。

WAF設定画面ににログが出ています。

あなた自信のアクセス(更新)もセキュリティーがかかってしまい、アラートが出る状態になってしまっています。

これを「除外」に設定することでトラブルが解消します。

必ずあなた自身のアクセスを除外しましょう。

もしも攻撃ログインを除外してしまうとセキュリティーの意味がなくなってしまいます。

WAF設定を解除

更新に失敗しました。 返答が正しい JSON レスポンスではありません

更新に失敗しました。
返答が正しい JSON レスポンスではありません。

ブログ記事を更新して保存しようとするとこのようなアラートが出ました。
どうやら、キャッシュが原因のようでした。

キャッシュをクリアする

  • ブラウザのキャッシュをクリア
  • プラグイン、もしくはConoHa WING 設定のキャッシュをクリアする

これでたいていの問題は回避できるはずです。

まとめ|ConoHa WINGの障害は多い?解決方法

ConoHaサーバーのトラブルの原因はむしろサーバーの安全のためのセキュリティー対策が原因です。
面倒だと感じましたが、逆に信頼できるサーバーだなと思いました。

管理画面(コントロールパネル)もシンプルで使いやすいので初心者にはおすすめです。

独自ドメイン2個永久無料

ネットで稼ぎたいなら必見の動画

ブログを始めて3ヶ月目ぐらいでこの動画講座を知って、それ以降、私はブログで稼ぎ続けることができています。
ブログ初心者必見の内容です。

\ マーケティングがわかる /

※無料コンテンツ後に課金プランあり(課金しなくてもOKです)

  • URLをコピーしました!
目次