MENU
ワープレ
【著者プロフィール】
▶︎ WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社のHPなど)
▶︎ WordPress構築歴は10年以上
▶︎ 資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー
▶︎ WordPress構築最適化・テーマの活用方法・アフィリエイトブログの作り方など発信
▶︎ ブログ収入は1000万円以上を達成しています。
▶︎ 掲載しているノウハウ・結果には個人差があり、成果を保証するものではありません
▶︎ 趣味:ブログ・音楽・筋トレなど
レンタルサーバーからWordPress開設まで〜ブログを始めるにはどこがいい?

シンレンタルサーバーでメールフォームを作成する方法 お問い合わせページ作成

シンレンタルサーバーでお問い合わせフォームを作成する手順を説明します。

目次

シンレンタルサーバーでメールフォームを作成する方法

ブログでもホームページでも、収益を増やしたいならお問い合わせフォームの作成は必須です。

お問い合わせフォームは、自社サービスやブログの問い合わせを受けるためには必須です。

自社サービスなら仕事依頼の問い合わせ、ブログならASPや企業から特別単価の話や商品提供、ブログ記事執筆の依頼が来ます

個人ブログでも必ず問い合わせフォームは作成しておきましょう!
メリットは思った以上に大きいですよ。

シンレンタルサーバーでメールフォームを作成する手順

スパム対策をしたメールフォームを作るには、手順が多いのでひとつずつ確認しながら進めていきましょう。

1:メールアカウントを作成する

独自ドメインと同じドメインのメールアカウントを用意しましょう。

作成したメールアカウント宛にメールフォームの内容を送信します。

》メールアカウントの追加 シンレンタルサーバー

2:プラグイン『Contact Form by WPForms』と『WP Mail SMTP』をインストールする

メール送信に必要な2つのプラグインをインストールします。

インストールした後は各プラグインの必要な設定をします。

3:WPFormsでメールフォームを作成する

WPFormsを使ってメールフォームを作成します。

このときにスパム対策であるreCAPTCHAの設定もします。

4:お問合せページを作成する

作成したメールフォームを固定ページに挿入します。

固定ページにブロックを挿入するだけなので簡単です。

5:メールフォームの動作チェックをする

メールフォームが正しく動くか、動作チェックします。

フォームでメール送信ができても、実際にはメールが届かないケースがあります。

メール受信できているかしっかり確認しましょう。

無事にメール受信できていればいいですが、メール受信できていない場合は設定など再チェックする必要があります。

はじめた何度か失敗してあたりまえです。
めげずに原因を探って設定しよう!

Contact Form 7でエラーが出る問題

シンレンタルサーバーでメールフォームプラグイン『Contact Form 7』を使うと、メールが送信されずに赤枠のエラーが出続けました。

心当たりチェックしてもエラーは改善せず。

他社サーバーならContact Form 7で問題なくメール送信ができていました。

これはおそらく、シンレンタルサーバーのメールサーバーの使用かPHPのヴァージョンや設定に原因があるようでした。

Contact Form 7はPHPの関数を使ってメール送信をするのですが、シンレンタルサーバーではこれができないのが原因。(スパムメール、セキュリティー対策だと思う)

結論を言うと、シンレンタルサーバーではContact Form 7は使わない方がいいです。

長年Contact Form 7を使ってきたので、他のプラグインの設定は一苦労しました。

プラグインはContact Form by WPFormsを使う

WPFormsWP Mail SMTP

シンレンタルサーバーでは、メールフォームプラグインは『Contact Form by WPForms(以下WPForms)』を使いましょう。

WPFormsは有料版と無料版がありますが、無料版でメールフォームを設置できます。

WPFormsだけでなく『WP Mail SMTP』という、メール送信の設定をするプラグインも使います。

どちらも有料版がありますが、無料版でもメールフォームは使えます。

シンレンタルサーバーでメールフォームからメール送信できない理由は、おそらくセキュリティーが強めだからです。
簡単なメール送信設定ではなく、通常のメール送信と同じようにSMTPサーバーを通したメール送信をする必要があるようでした。

WEBサーバーからスパムメール送信を防止するために、メール送信の設定にはSMTPを通す必要があるんですね。

使用するプラグインを選ぶのにこちらのブログ(マニュオン)を参考にさせていただきました。

シンレンタルサーバーのメール送受信設定

シンレンタルサーバーのPOP / STMPサーバーの設定をまとめておきます。

各手順で必要になります。

自分のメールサーバーの設定は、シンレンタルサーバーの契約管理ページにログインして、サーバー管理の『メールアカウント設定』から確認できます。

ユーザー名メールアドレス(@前後を含むメールアドレス)
POPサーバーサーバーパネル内「サーバー情報」に記載の“ホスト名”と同一。
例)sv***.wpx.ne.jp
ポート番号 995
SMTPサーバーサーバーパネル内「サーバー情報」に記載の“ホスト名”と同一。
例)sv***.wpx.ne.jp
ポート番号 465
SSLセキュリティSSLセキュリティにはチェックを入れる
シンレンタルサーバーのPOP / STMPサーバーの設定

メールフォームプラグインの設定、受信するメーラーの設定で必要な情報なので、何度も確認する項目です。

各種メールソフトの設定はこちら。

》メールソフトの設定 シン・レンタルサーバー

WPFormsの設定をする

WPForms

簡単なお問い合わせフォームを作るやり方を説明します。

メールフォームの作成は設定ガイダンスに従って作業を進めていけば完成するようになっています。

プラグインの設定画面のガイドライン通りにやっていけば、必要な設定は完了します。

WordPress管理ユーザーのメールアドレスは、独自ドメインのメールアドレスにしておいた方がいいです。
WordPressのドメインとメールフォームのドメインは一致させておく必要があり、一致していないとエラーとなります。

  • reCHAPCHAの設定
  • フォーム名を入力
  • フォームのテンプレートを選択して作成
  • メールフォームの『通知』と『確認』を設定
  • 動作確認

メールフォームのよくある不具合で、サーバードメインとメールフォームのドメインが一致していないことがよくあります。
サーバーとメールのドメインは揃えておきましょう。

WP Mail SMTPの設定をする

WP Mail SMTP

WP Mail SMTPの設定方法は、WordPressの中にメール設定をするイメージです。

『セットアップウィザード』を起動して、必要な設定項目を入力していくこともできます。

送信元メールアドレスやフォーム名を入力します。

使用するメーラーの種類を選択します。

ここでは『その他のSMTP』を選択しました。

SMTPの設定を行います。

TLS自動化はオフ。

認証はオンにします。

シンレンタルサーバーで確認したSMTPホスト、SMTPユーザー名(メールアドレス)、SMTPパスワード(メールアカウントのパスワード)を設定します。

SMTPポート番号はシンレンタルサーバーの場合は『465』を設定。

これでSMTPの設定は完了です。

メールテスト

WP Mail SMTPでサーバーからメール送信できるかテストができます。

WordPressと同じドメインのメールアドレスを入力して、メール送信ができるかチェックしましょう。

ここでメール送信が成功すれば、SMTPの設定は正常。
メールフォームの送信もできるということです!

スパム対策とセキュリティ reCAPTCHAを設定する

なんか見たことあるかも!

reCAPTCHAを使えば、簡単にセキュリティー対策ができます。
無料で使えるのでぜひ導入しましょう。

WEBメールフォームはスパム対策をしないと大量のスパムメールがメールボックスに届きます。

それを防止するための機能が『reCAPTCHA』です。

Googleが提供しており無料で使えます。

Google reCAPTCHAの設定ページ

reCAPTCHAの設定で必要なのは『サイトキー』と『シークレットキー』です。

Google reCAPTCHA にログインして『サイトキー』と『シークレットキー』を取得しましょう。

この2つを取得したら、プラグインの『サイトキー』と『シークレットキー』を入力設定します。

 WPFormsでは、reCAPTCHAの設定はInvisible reCAPTCHA v2で設定します。

WPformsのCAPTCHA設定
WPFormsの設定箇所

サイトキーとシークレットキーを入力して保存します。

メールフォームを作成する

フォームに名前をつけてメールフォームのテンプレートを選択する。

ここではシンプルなメールフォームの設定を例に解説します。

テンプレートを選択すれば、あらかじめ設定されたメールフォームが表示されます。

カスタマイズも簡単で選ぶだけ!

名前の部分は指名が分かれているタイプなので、ここを『シンプル』に設定。

(プラグインが英語仕様なので氏名は日本語の逆になっています)

reCAPCHAはここで挿入します。

reCAPCHAの設定方法は先に説明してあるので、あらかじめ設定しておきましょう。

受信するメールアドレスの設定 通知設定をする

WPformsに『通知』という設定項目があります。

ここでメッセージを受け取るメールアドレスの設定をします。

送信先メールアドレスには受け取るメールアドレスと、メールフォームで入力した人のメールアドレスが入ります。

  1. {admin_email}  WordPressに設定してあるメールアドレスが自動で挿入されます。
  2. {field_id=”1″} メールフォームに入力した人のメールアドレスが入ります。
  3. メール件名 自由に設定できます。メールが届いた時にサイトからのメールであることがわかるようにしておきましょう。
  4. フォーム名 設定したフォームの名前です。自由に設定できます。
  5. 送信元メールアドレス デフォルトでは{admin_email} が入っていますが、あなたのメールアカウントを直接入力しましょう。
  6. Replay-To 返信先になります。{field_id=”1″} メールフォームに入力した人のメールアドレスが入ります。
  7. メールメッセージ コメント内容が自動で入ります。自動返信のメッセージを設定できるので、入れておくと印象が良くなるでしょう。

相手にも送るメッセージに気の利いた文言を入れておくと印象が良くなりますよ。

※自分宛のメールにも同じ文言が入ります。

送信完了メッセージを設定する

メールフォームを送信した後のメッセージ設定ができます。

例)お問い合わせありがとうございます。メール内容を確認して改めてご連絡いたします。

これでメールフォームの内容は設定完了しました。

お問い合わせページを作成する

次は設定したメールフォームを表示するページを作成します。

固定ページを新規作成するか、お問い合わせフォームを入れたい固定ページや投稿記事を開きます。

WPformブロックがあるので、選択してページに挿入します。

先ほど作成したフォーム名を選択します。

これでメールフォームページの作成は完了です。
あとは実際に送信確認をしてみましょう!!

WPforms、WP Mail SMTPの不要な設定を停止する

WPforms、WP Mail SMTPは無料版と有料版があり、ユーザーにはメッセージなどが送られてきます。

WordPressのヘッダーバーにもアラートが出たりするので、気になる人はその設定を停止しておきましょう。

WPforms

WPformsのプラグインのお知らせや毎週のメール配信を停止する。

WP Mail SMTP

WP Mail SMTPの毎週のメール配信を停止する。

まとめ

シンレンタルサーバーでContact Form 7が使えない場合は『Contact Form by WPForms』と『WP Mail SMTP』を使ってメールフォームを作成します。

手順が多いですが落ち着いてひとつひとつ設定していきましょう。

当ブログのサーバーはシンレンタルサーバーを使っています。
比較表を見れば一目瞭然ですが安いのに快適です!

サーバー特徴月額料金
wpx シン・レンタルサーバー
シン・レンタルサーバー
詳しく
ドメイン1つ無料(2つ目は初年度無料)
300GB
KUSANAGI高速化
お試し期間10日
他社と比較してコスパ最強!
サービス維持調整費なし!
シン・レンタルサーバーの評判
3ヶ月契約
990円/月
3年契約
770円/月
シンレンタルサーバー

エックスサーバー
詳しく
.comを含む独自ドメイン2個永久無料
300GBKUSANAGI高速化
無料お試し期間10日間
長期プランなら月額990円 キャンペーン中はさらに安い
サービス維持調整費なし
人気のSWELLテーマが割引で購入できる

エックスサーバーの評判レビュー
初心者のためのブログ始め方講座

3ヶ月契約
1,320円/月
3年契約
990円/月
693円/月
エックスサーバー

ConoHa WING
詳しく
ドメイン2つ無料
300GB
WEXAL®高速化
初月無料
サービス維持調整費あり
コノハウィングの評判
3ヶ月契約
1,331円/月
3年契約
652円/月

ロリポップ!
詳しく
無料ドメイン2つ(12ヶ月契約以上)
400GB
初期費用無料
お試し期間10日
サービス維持調整費あり
ロリポップ!サーバーはコスパ良さそうで悪い
ロリポップ!サーバーの評判
ハイスピードプラン
3月契約
1,320円/月
12月契約
990円/月

さくらのレンタルサーバー
詳しく
初期費用無料
300GB
初期費用無料
お試し期間2週間
サービス維持調整費あり
スタンダード
524円/月
各レンタルサーバーの比較
キャンペーン特典

期間:〜2024年3月4日 12:00まで

初回利用料金が30%オフ!
ベーシックプラン12ヶ月が通常税込10,560円のところ税込7,392円で、3,168円ほどお得です!

永久無料ドメイン1個 or 10日間無料お試し期間

ブログのことでわからないことがあれば、是非またYOAKE WEBを読みにきてください。
いつでも待ってます!

Twitterでも「ブログ見ました」と書いていただければ、答えられる範囲で答えます。(@warpressblog

稼ぐブログを始める基本を解説!!

趣味で楽しく稼ぐブログを作って副収入を増やしてみよう!

月5万円ぐらいの副収入を安定して得る方法をまとめました!

ネットで収入を得たいなら必見の動画

ブログを始めて3ヶ月目ぐらいでこの動画講座を知って、それ以降、私はブログで稼ぎ続けることができています。
ブログ初心者必見の内容です。

\ マーケティングがわかる /

※無料コンテンツ後に課金プランあり(課金しなくてもOKです)

  • URLをコピーしました!
目次