MENU
よあけ
【著者プロフィール】ふなさん
▶︎ WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社のHPなど)
▶︎ WordPress構築歴は10年以上
▶︎ 資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー
▶︎ WordPress構築最適化・テーマの活用方法・アフィリエイトブログの作り方など発信
▶︎ ブログ収入は1000万円以上を達成しています。
▶︎ 掲載しているノウハウ・結果には個人差があり、成果を保証するものではありません
▶︎ 趣味:ブログ・音楽・筋トレなど
WordPressテーマおすすめTOP3

WordPressのSEOに強い最適なURL パーマリンクの設定方法

目次

WordPressのSEOに強いURL パーマリンクの設定方法

ブログ初心者の人はワードプレスを開設するだけでもひと苦労ですよね

ワードプレスの内部構造なんかもわからないと思います。

でも、すごく簡単にSEO対策できるWordPress構築のポイントがパーマリンク設定です。

ワードプレスについてもう少し詳しくなりたい人は本を読んで勉強してみてください。
少し読むだけでもワードプレスの構造が理解できます。

パーマリンクとは?

パーマリンクとはWordPressのURLのことです。

https://yoakeweb.com/〜

この設定を最適化することによりSEO対策にもなります。

WordPressデフォルト設定ではGoogleが推奨するURLの条件を満たしていません。

これを自分で最適化する必要があります。

  • シンプルなURL
  • 読んで意味のわかるURL

シンプルな英語のURL、読んでも意味がわかるURLにしましょう。

SEO面で最適なWordPressのURL(パーマリンク)の設定方法

SEO面で最適なWordPressのURL(パーマリンク)の設定方法は次のような形です。

https://ドメイン名/カテゴリ名/英語の記事タイトル/

(例)https://yoakeweb.com/カテゴリー/wordpress/

このパターン一択です。

長年この設定以外で運営してきたブログを最適化したパーマリンク設定に変えたところ、狙っていたキーワードで上位1位を取ることができました。

ワードプレスの左メニューの中に「パーマリンク設定」というところがあります。

これはブログの記事ごとのURLの方針を決める設定をするところです。

SEOに強いブログにするためにはパーマリンク設定を「カスタム構造」で設定しましょう。

ここ(タグ)を下記のように設定しよう。

/%category%/%postname%/

SEO対策をする場合、狙っているキーワードや商品名・商標を狙って行ったりするわけです。

ここが例えば「xserver」となっていると、この部分もSEO対策になるというわけです。

パーマリンク設定のNG例

  • 日本語のまま
  • 長すぎる英語のURL(タイトル)

ブログ記事を書く場合、ここの設定を絶対に日本語にしてはいけません。

また英語でも長ったらしい英語で設定してしまうのもSEO的にはよくないことも知っておきましょう。

SEO的に不利だからです。

日本語のままのURLはそもそもダメだし、長すぎる英語のURLもSEO的に不利だ。

できるだけ短く、省略できるところは省略しよう。

/%category%/%postname%/
(例)https://yoakeweb/blog/wordpress/

WordPressの仕組み上、カテゴリが第2階層ディレクトリとなります。

ディレクトリ内に同じ話題の記事が集まっていればSEO対策になります。

このポイントを理解していないと逆にSEO的に不利になる場合も考えられます。

カテゴリ設計とディレクトリ構成を明確に書き出しておきましょう。

長期的な運営を考えた場合、必要不可欠です。

SEO対策におけるURLの理想型

https://example.com/カテゴリー名/記事タイトル

注意点がひとつありましてブログを書き始める前の入念なサイト設計が必要であり、変更が出ないように記事を更新していく必要があります。

サイト設計に関しては別のブログで詳しく解説しました。
ブログを収益化したい人は必ず読んでおきましょう。

まとめ|WordPressブログでSEO面で最適なURL(パーマリンク)の設定方法

WordPressブログのパーマリンク設定を以下の形に設定しましょう。

https://ドメイン名/%category%/%postname%/

些細な部分だけどWordPressの内部構造を最適化するために、パーマリンク設定は見落としてはいけない重要な部分です。

細部まで手を抜かずに設計して、読者にとってもわかりやすいワードプレスを心がけよう。

そうすればGoogleからの評価も上がるはずです。

  • URLをコピーしました!

レンタルサーバーの選び方

スクロールできます
サーバー特徴月額料金

ConoHa WING
詳しく
ドメイン2つ無料
300GB
WEXAL®高速化
初月無料
3ヶ月契約
1,210円/月
wpx シン・レンタルサーバー
シン・レンタルサーバー
詳しく
ドメイン1つ無料
300GB
KUSANAGI高速化
お試し期間10日
3ヶ月契約
693円/月

ロリポップ!
詳しく
無料ドメイン1つ(12ヶ月以上)
400GB
初期費用無料(ハイスピードのみ)
お試し期間10日
ハイスピードプラン
3ヶ月契約
1,210円/月

さくらのレンタルサーバー
詳しく
初期費用無料
300GB
初期費用無料
お試し期間2週間
スタンダード
524円/月
各レンタルサーバーの比較

WordPressの始め方

スクロールできます
テーマ名AFFINGER6 ACTION
AFFINGER

SANGO

SWELL
税込価格14,800円11,000円17,600円
Gutenberg対応
高速化プラグインが必要プラグインが必要独自高速化機能
ABテストオプション
ダウンロードConoHaで割引ダウンロード
ブロックエディタ対応のおすすめ有料テーマ

この記事を書いた人

【著者プロフィール】ふなさん▶︎ WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社のHPなど)▶︎ WordPress構築歴は10年以上▶︎ 資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー▶︎ WordPress構築最適化・テーマの活用方法・アフィリエイトブログの作り方など発信▶︎ ブログ収入は1000万円以上を達成しています。▶︎ 掲載しているノウハウ・結果には個人差があり、成果を保証するものではありません▶︎ 趣味:ブログ・音楽・筋トレなど

目次
閉じる