WordPressの使い方

WordPressテーマおすすめ| 初心者向け安い有料テーマ3選比較

この記事を読むと、あなたが欲しい有料テーマがどれなのかがわかります。

  • おすすめのワードプレス有料テーマを知りたい
  • 無料テーマと有料テーマの違いを知りたい
  • おしゃれなWordPressテーマを知りたい
  • WordPressテーマのインストール方法も知りたい
  • 有料テーマの料金を知りたい
  • 安いワードプレス有料テーマはおすすめ?
  • 初心者向けの有料テーマはどれ?
  • 複数のブログで使える有料テーマは?

こんな悩みがある人はこの記事を参考にしてください。

ワードプレス有料テーマ|初心者におすすめの最強テーマ 2021年最新評価

ワードプレスブログ人気テーマ

  1. STORK19
  2. スワロー
  3. THE THOR
  4. DIVER
  5. 賢威
  6. SANGO
  7. JIN
  8. SWELL
  9. AFFINGER
ふなさん

これからWordPressを使ってブログを作る人は、ブロックエディタの装飾や開発が盛んなテーマがおすすめです。

それを考えるとおすすめできるWordPressテーマは3つに絞れます。

人気ワードプレス 有料テーマ 比較

人気テーマSTORK19JINSANGOSWELLAFFINGER
税込料金11,000円14,800円11,000円17,600円14,800円
Gutenberg
SEO対策
高速化
複数使用1サイトのみ
特典
アフィリエイト
初心者
コスパ×
ふなさん

2021年は人気WordPressテーマそれぞれがブロックエディタに対応して機能もアップ!

全体的な評価も変わりました。

当ブログでは最新の検証により比較・評価しています。

安いワードプレス有料テーマ 料金・機能比較表

テーマ名税込価格ブロックエディタ対応複数サイト使用評価
STORK1911,000円×
スワロー9,900円×××
ハミングバード7,980円×××
アルバトロス7,980円×××
SANGO11,000円

安くて人気だったスワローなどはブロックエディタに対応しておらず、「STORK19」に統合される形で開発されました。

SANGOテーマはブロックエディタに完全対応して、現在もブロック機能が増えているテーマです。

安い有料テーマに注意!使い回しできないテーマがあるよ

  • STORK19 ×
  • スワロー ×
  • ハミングバード ×
  • アルバトロス ×
  • SANGO 使い回しOK

有料テーマは複数サイトで使用可能のテーマが多いですが、中には1サイトにしか利用が許可されていないテーマもあります。

これらの有料テーマでSANGO以外は、1回の購入で1つのサイトにしか利用できません。

複数のサイトで利用しようと思うと、サイトごとに購入する必要があります。

SANGO以外の有料テーマは全てOPEN CAGEという会社が開発・販売を行なっています。

※1. テーマ内のPHPファイルはGPLライセンスです。画像やCSSファイル、JavaScriptファイルは独自ライセンスとなりますので、それらをコピーして別サイトとしてご利用いただくことはできません。

ご利用規約|OPEN CAGE

PHP部分は使い回し可能だけど、JavaScriptが独自で開発したものだから勝手に複数サイトで使うのはダメってことです。

ふなさん

私は以前、OPENCAGEのワードプレステーマはデザインがおしゃれで使いやすそうだし、値段が8000円ぐらいで安かったので購入しました。

でも1つのブログでしか使えないので、複数のブログを運営している私にとっては損になってしまうブログテーマでした。

有料テーマには、1つのブログにしか使えないものがあります。

以下の有料テーマは複数のブログで使っても問題ないテーマなので、その中から選ぶのがオススメです。

10ブログ作っても100ブログ作っても料金は変わりません。

  • JIN
  • SANGO
  • AFFINGER
  • SWELL

OPEN CAGE系のWordPressテーマは複数サイトでは利用不可

安くて複数使える有料テーマはSANGO

》SANGOの価格・特徴|レンタルサーバーConoHa WING

WordPressテーマとは?

WordPressテーマは無料でも使えるテーマがたくさんあります。

WordPress初心者の方はとりあえず無料テーマで練習だと思ってWordPressを構築して記事を書いてみましょう。

そうすることで有料テーマの魅力をより深く判断できるはずです。

無料のWordPressテーマでおすすめなのはCocoonです。

》Cocoon 評判レビュー!稼ぎたければ絶対有料テーマ?

検索するとWordPressテーマの比較記事が多くあり「有料テーマなら〇〇がいちおし」ってゴリ押ししているブログ記事がけっこうあります。

個人的に押し売り感を感じてしまい、各有料テーマが本当にどうなのかあまりわからないです。

「とにかくすごい」は評価として根拠がなくてすごく適当ですよね。

ブロッックエディタの書き方が快適かどうかなんて個人で差が出るだろうし、一概に評価できないところです。

WordPress有料テーマの比較記事がネットに多くありますが、いまいちわかりにくいと感じたのでわかりやすく解説していきます。

きっとあなたの理想に近い有料テーマが見つかるはずです。

WordPress有料テーマとは?

WordPress有料テーマ」について誤解している人も多いです。

この記事を読むと、WordPress 有料テーマの本質的な役割を理解することができます。

人気の有料テーマの特徴をサクッと紹介するとこんな感じです。

有料テーマの客観的分析

  1. AFFINGER:開発者のスキルがすごい・販売実績が長い・販売実績No.1|アフィリエイト向きテーマ
  2. SANGO:開発者のスキルがすごいし速い・デザインが洗練されている・低価格|クリック報酬型広告向きテーマ
  3. SWELL:開発者のスキルがいい・洗練されたデザインで装飾が豊富・初心者が使うと表示速度が遅くなりがち|企業サイト向けテーマ
  4. JIN:発案者とプログラマーが別だから開発が遅い・表示速度が十分ではない

私の分析はこんな感じです。

おすすめできるのは3つです。

テーマ名AFFINGERSANGOJINSWELL
税込価格14,800円11,000円14,800円17,600円
開発・販売者株式会社オンスピードCatNose・サルワカ株式会社CrossPiece株式会社LOOS・
発売時期2012年 STINGER公開2017年2018年2019年
Gutenberg対応
アフィリエイト※7,000円〜NGNG3,300円

どの有料テーマもブロックエディタに対応しています。

買って失敗しないのは「AFFINGER」「SANGO」「SWELL」です。

JINも優秀で人気テーマですが、ほかの3つと比較すると少し評価が低いです。

WordPress 有料テーマとは、無料テーマと比べてサポートや機能が充実しており、時間をかけずにイメージに合ったWordPressブログを構築することができます。

サイトで収益を上げたい人にとっては、無料テーマよりも有料テーマの方が時間的にも利益的にも効率が良いです。

開発・アップデートが頻繁な有料テーマを購入しておくことにより、自分でWordPressを修正・メンテナンスする手間を大幅に減らすことができます。

これがブログ初心者に有料テーマをおすすめする1番の理由です。

ワードプレス無料テーマと有料テーマの違い

無料テーマと有料テーマの違いは機能性にあります。

無料テーマは無料で使える分、機能がシンプルなものが多いです。

通常は自分でスタイルシートを組み立てて好みのデザインに変えていきます。

そのためにHTMLとCSSの知識が必要です。

Cocoonは無料テーマの中でも機能が豊富ですが、それでも好みのデザインにしようと思うと不満点も多く出てきます。

有料テーマはあらかじめ装飾などが美しくデザインされており、HTMLやCSSの知識がなくても理想のブログデザインに近づけることができます。

例えば、人気の吹き出しの設定がワンクリックで使えるようになります。

あなたの好みのデザインの有料テーマを使えば、カスタマイズにかかる時間を大幅に減らすことができます。

また、WordPressのアップデートに伴うテーマの修正も開発者がやってくれるため、メンテナンスの手間も大幅に減らすことができます

無料テーマ

  • 自分でカスタマイズする必要がある
  • WordPressのアップデートにあまり対応していない
  • カスタマイズにHTML・CSS・PHPの知識が必須
  • 機能をプラスしようとするとプラグインが必要
  • 表示速度が重くなりがちなのでSEO的に不利

有料テーマ

  • 簡単な設定で洗練されたブログが出来上がる
  • WordPressのアップデートに対応してくれる
  • HTML・CSSの知識がなくても記事編集が可能
  • 機能があらかじめ豊富で使用プラグイン数を減らせる
  • 独自の高速化機能があり、さらに表示速度を最適化できる
  • 独自のSEO対策の設定機能がありSEOに有利

無料テーマと有料テーマを比較すると、有料テーマの方が機能が充実しており、SEO対策面でも良いので、収益化ブログに最適です。

ブログ初心者がワードプレス有料テーマを使うメリット

初心者が有料テーマを購入するメリットは、すぐにブログらしいデザインが出来上がること

ふなさん

WordPress有料テーマを使うメリットは、すぐにキレイな装飾ができることです。

無料テーマは機能や装飾をシンプルにしてあるので、好きなデザインや装飾にしようと思うと自分でHTMLやCSSを使ってカスタムしないといけないんだよね。

私も無料テーマを使っている時は、装飾を自分でカスタマイズして使っていました。

有料テーマを使えば、はじめから収益ブログ向けの装飾・デザインが出来上がります。

  • 表示速度が速い
  • SEO対策に強い
  • デザインがおしゃれ
  • カスタマイズする手間を省いてWordPressをデザイン・設定できる

WordPress 有料テーマのほとんどは表示速度やSEO対策は最適化されています。

Gutenberg(グーテンベルク)対応のワードプレステーマを選ばないと後悔する

WordPressは開発し続けられている進化するCMSです。

WordPressがアップデートしたら、テーマも修正すべきところが発生したりします。

この時に開発や修正が遅かったり、対応が不十分な有料テーマだとユーザーは困ってしまいます。

Gutenberg・グーテンベルク(ブロックエディタ )の開発をしていないテーマは購入すると後悔します。

確かに不具合出たままだと困るよね

ブロックエディタでさくさくブログを書きたいし

ふなさん

有料テーマを購入するということは、WordPressテーマの対応を開発・販売者に任せることができるので、その時間をほぼゼロに出来るのが大きなメリットです。

自分でカスタムして使う場合は、HTMLやスタイルシートの知識がないとむずかしいです。

コーディングの知識があったとしても、その時間は1円も収益が発生しない作業となります。

メンテナンスが速い有料テーマを購入しておけば、ユーザーはアップデートを待つだけでいいので、ブログ運営が非常に楽になります。

頻繁に開発されてる有料テーマを購入するメリットは、時代に合わせたデザインやカスタマイズをずっとあなたのかわりにしてくれます。

有料テーマのメリット

  • 人気のあるWordPress有料テーマは、表示速度・SEO対策にほとんど差がないと思ってもいい
  • WordPress有料テーマは、HTMLやCSSの知識がなくても、手軽にうつくしい装飾を使うことができる
  • 開発やアップデートが早い有料テーマを購入することも大事なポイント

WordPressのブロックエディターは使いにくい?

ブロックエディタ(グーテンベルク)は非常に編集しやすいです。

「WordPressのブロックエディターは使いにくい」という声をよくみかけましたし、私もはじめは「使いにくいな」と感じました。

クラシックエディタに慣れているしそっちの方が書きやすかったので、私もずっとクラシックエディタでブログを書いていました。

ところが有料テーマがブロックエディタに対応し始めて、WordPressのブロックエディターがとても使いやすいのを実感しました。

ほぼ完成系に近いビジュアルで編集できるため、直感的に記事を編集することができます。

クリックしていくだけで記事の装飾のほとんどが完了するのでとても書きやすいです。

もうクラシックエディタには戻れません。

まだクラシックエディタで編集している人は、早めにブロックエディタに慣れておきましょう。

有料テーマがブロックエディタに対応して進化したので「使いにくい」ということはなくなりました。

ワードプレス有料テーマの使い方・インストール方法

WordPressの有料テーマの使い方は簡単です。

有料テーマを購入したら販売サイトからダウンロードして、WordPressの「外観 →テーマ →新規追加」からアップロードして使います。

通常は子テーマもアップロードして、子テーマの方をカスタマイズします。

WordPressテーマにアップデートがあれば、通常は管理画面からワンクリックでテーマの更新が可能です。

元WEBデザイナーからみるテーマのおしゃれさとは?

おしゃれさの比較は個人的には思うところはありますが、見る人によっておしゃれかどうかは分かれるので、結局のところはあなたにとって心地よいデザインであるかどうかが判断基準になるでしょう。

参考までに私が見ているところをリストアップします。

ふなさん

私は元WEBデザイナーです。

その私から見た有料テーマのおしゃれさは以下の通り

  • JIN ちょっとダサい。その原因はデフォルトの配色が原因。メリハリがないので伝わってくるものがない
  • SANGO おしゃれでずっと見ていても心地よい。アドセンスブログに向いている
  • SWELL シンプルでおしゃれ、デザインも機能が洗練されているが価格が高い
  • AFFINGER シンプルなデザインで配色が良く販売力が高いのでアフィリエイトブログ向き・アドセンスもOK
ふなさん

いくらブログがおしゃれでも、収益が見込めないなら意味がありません。

おしゃれな高級レストランよりも、庶民的なラーメン屋さんのおいしいラーメン、唐揚げ、チャーハンの方が食べたい欲求をくすぐられるような感じです。

初心者がおしゃれで、なおかつ美味しいレストランを目指すのはハードルが高すぎる。

まずは庶民的なレストランやカフェを目指すような感じで、親近感のあるブログを目指してみてください。

見た目のオシャレさにこだわるよりも、文字が読みやすいブログにすることが大事

収益ブログ向けのWordPressテーマデザインの6つのポイントとは?

ふなさん

収益ブログ向けデザインの6つのポイントを紹介します。

この6つのポイントが理想的な有料テーマを購入しましょう。

  • 見出し
  • マーカー
  • 吹き出し
  • リスト
  • ボックス
  • リンクボタン

この6つのポイントをおさえておけば、読者が読みやすく理解しやすいブログが書けるようになります。

  • 装飾された見出しで目に留まる→読んでもらえる
  • 飛ばし読みされてもマーカーで目に留まる→読んでもらえる
  • 吹き出しを使うと目に留まるし読んでもらいやすい
  • 見やすく装飾されたリストで要点を読んでもらえる
  • 見やすく装飾されたボックスで要点を伝えることができる
  • 押したくなるような装飾のリンクボタンでクリック率が上がる→収益が上がる

WordPress有料テーマを使うと、HTMLやCSSの知識がなくてもデザイン性のいいブログを作ることもメリットがあります。

それ以上に大事なことがブログで稼ぐノウハウを得ることです。

有料テーマを購入すると紹介者からと教材などの特典がもらえるものがあります。

ふなさん

例えば私の場合、AFFINGERに特典をプレゼントして、初心者でもブログ・アフィリエイトを始めやすいように応援しています。

ときどき特典なしで紹介しているブロガーさんもいるので注意が必要です。

特典なしで紹介することは禁止ではないですが、特典がもらえることは知っておかないと損です。

初心者におすすめのWordPressテーマの種類と特徴

一般的なブログを作りたいならSANGOAFFINGERがおすすめです。

価格面で納得できれば、あとは好きなデザインの方を選べばOKです。

  1. 一般的なレビューブログ向き SANGO(親近感のあるデザイン)
  2. アフィリエイト向きブログ AFFINGER(収益化に特化したWordPressテーマ)
  3. 企業サイト・個人ブログ向きテーマ SWELL(洗練されたデザイン)

ワードプレステーマの種類によって特徴が微妙に違うので、あなたがどんなブログを作ろうかと明確な案があるならば選択がおのずと決まるでしょう。

SWELLの特徴

SWELLはデザインがすっきりしていて、ヘッダーナビゲーションがコーポレートサイトや通販サイトに適したナビゲーションがデフォルトです。

他社広告を掲載しない形のサイト構築ではSWELLの機能を活かしやすいですが、アドセンス広告を表示すると遅くなりがちなので注意が必要です。

クールな個人ブログにも向いています。

SANGOテーマの特徴

例えばSANGOの場合、クリック報酬型広告とAmazonや楽天などの一般的商品のレビューに向いています。

一般的な通販商品は ASPの単体広告よりも知名度がある商品が多いです。

Amazon・楽天ですでに購入した経験がある人は抵抗なく購入してくれるので、ブログ初心者でも商品を紹介しやすいです。

SANGOはテーマデザインに親近感があり使いやすいのも特徴です。

ブログ初心者はSANGOを選んでおけば失敗しません

》SANGOの価格・特徴|レンタルサーバーConoHa WING

AFFINGERの特徴

対してAFFINGERは、アフィリエイト広告に適したワードプレステーマです。

アフィリエイト向きのランキング機能や細かいSEO設定が可能です。

もちろんAFFINGERを一般的なブログとして運営することも可能ですが、機能や設定が多すぎるので「使いづらい」と感じてしまうでしょう。

ちなみにJINも、発案者がアフィリエイター出身なので、どちらかというとアフィリエイト向きのテーマです。

》AFFINGER 公式ページ|当ブログ限定11特典付き

有料テーマは運営するブログに種類によって使い分けよう

WordPress有料テーマJIN・SANGO比較・デメリット 使うならどっち?

SANGO

JINとSANGOはConoHa WINGサーバーを使うと割引で購入できるので、有料テーマの価格が気になる人におすすめです。

SANGOなら1万円以内で機能が豊富で速いWordPressテーマを導入することができます。

レンタルサーバー費用も合わせても14,000円以内でWordPressブログを始めることができます。(レンタルサーバー3ヶ月契約時)

》SANGOの価格・特徴|レンタルサーバーConoHa WING

JIN

JINは人気有料テーマの中でもブロックエディタの対応が遅れているようです。

アップデート情報をチェックしても不具合の多さも不安が残ります。

ブログ初心者が使用すると少し苦労すると思います。

価格も僅差なので他の有料テーマのほうがオススメです。

ブログ初心者におすすめの最強最適のWordPressテーマとは?

次のページへ >

おしらせ

ネットはやっぱり面白い: 20年ほどネットで稼いでいる変な人の思考 (YOAKE Web) Kindleを出版しました。 『ネットはやっぱり面白い』 令和、新型コロナ、外出自粛・・・ どんどん時代が変わる中、1999年から20年ほどネットで稼ぎ続けている変な人が書いた本。 とにかく現代では最低限生きていくために必要なことのひとつとして、求められていることは「自宅に居ながらにして収入を得る」ということではないだろうか? Amazonで購入

販売コンテンツ


友だち追加

今日はランキング何位?

当ブログ人気【第1位】AFFINGER6 ACTION

AFFINGER6 ACTION

AFFINGER6 ACTION

アフィリエイトに強いWordPressテーマ「AFFINGER6」

ついにブロックエディタに対応。

当ブログ限定11特典付き。

AFFINGER ACTION PACK3

AFFINGER EXと強力な分析ツールがセットになった「AFFINGER PACK3」

当ブログ限定11特典付き。

SANGO

ブロックエディタに完全対応。

ブログ初心者向けの簡単設定でおしゃれなデザインに。

表示速度も軽い有料テーマ。

1万円以内で使い回しOKの有料テーマ。

  • この記事を書いた人

よあけウェブ

【著者プロフィール】ふなさん
▶︎ WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社のHPなど)
▶︎ WordPress構築歴は10年以上
▶︎ 資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー
▶︎ WordPress構築最適化・テーマの活用方法・アフィリエイトブログの作り方など発信
▶︎ ブログ収入は1000万円以上を達成しています。
▶︎ 掲載しているノウハウ・結果には個人差があり、成果を保証するものではありません

▶︎ 趣味:ブログ・音楽・筋トレなど

-WordPressの使い方
-, , ,