MENU
よあけ
【著者プロフィール】ふなさん
▶︎ WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社のHPなど)
▶︎ WordPress構築歴は10年以上
▶︎ 資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー
▶︎ WordPress構築最適化・テーマの活用方法・アフィリエイトブログの作り方など発信
▶︎ ブログ収入は1000万円以上を達成しています。
▶︎ 掲載しているノウハウ・結果には個人差があり、成果を保証するものではありません
▶︎ 趣味:ブログ・音楽・筋トレなど
ブログの始め方 - なぜ初心者でも稼げるのか?

ブログのお引越し|無料ブログからWordPressに移行手順

※当ブログのすべての情報は可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、掲載しているノウハウ・結果には個人差があり、成果を保証するものではありません ※当ブログのリンクの一部には広告が含まれます。

目次

ブログのお引越しとは?

ブログのお引越しとは、ブログサービスを乗り換えることです。

ブログのお引越しについてわかりやすく解説します。

例えば、はてなブログからWordPressブログに乗り換えたり、WordPressブログを他のレンタルサーバーのWordPressに乗り換えることです。

ブログの引越しはいくつかの注意点がありますが、事前に確認しておけば自分で簡単に行えます。

ブログの引越しパターン

  1. 無料ブログからWordPressに移行する
  2. 無料ブログから他の無料ブログに移行する
  3. WordPressからほかのレンタルサーバーのWordPressに移行する

ブログの引越しパターンを洗い出すと、だいたいこの3パターンです。

ブログの引越しはなぜ必要?無料ブログを引っ越す主な理由

  • ブログの収益化が目的
  • 無料ブログに疲れた

ブログを収益化したいからWordPressに移行するパターンはよくあります。

そのほかにブログ疲れで無料ブログをやめたい人や他に移りたい人っていると思います。

無料ブログサービスはランキングだったり読者登録だったりとSNS的な要素(村要素)を持っています。

はてな村と呼ばれることもあるぐらい村要素があります。

そういう中にいるとTwitter疲れ、SNS疲れと一緒で、ブログをやめたくなったり他に引っ越ししたくなります。

WordPressブログなら基本的に群れることがないので、マイペースにブログを更新できます。

ブログを引っ越すメリット

  • ブログのパフォーマンスが上がる
  • 収益化しやすくなる
  • ブログが書きやすくなる
  • マイペースにブログを運営できる

ブログのお引越しは、技術面ではブログのパフォーマンスアップ、メンタル面ではマイペースにブログ運営できるようになるのがメリットです。

ブログのパフォーマンスを上げるにはレンタルサーバー選びが非常に大事です。

私の場合はブログのパフォーマンスアップを目的にエックスサーバーからConoHa WINGに引っ越ししています。

エックスサーバーになかったWordPressの運営・管理方法ができて重宝しています。

ブログを引っ越すデメリット・注意点

ブログを引っ越すのはメリットだけじゃなくデメリットや注意点があります。

引越しが完了してしまえばデメリットが消えるので、面倒くさがらずにやるかやらないかです。

  • URLやブログの構造が変わる
  • アフィリエイトリンクが変わる
  • URLの転送設定が必要
  • ブログ記事を修正する必要がある

この作業、ぶっちゃけめちゃ面倒です。

やれば数時間で終わったりするけど。

ブログの引越しは面倒なので収益目的なら初めから独自ドメインを取ってWordPressブログを作る方が楽です。

URLの転送設定などは設定してしまえば、検索結果の評価も引き継いでくれるので手間がかかるだけの作業です。

問題なのはアフィリエイトリンクです。

アフィリエイトリンクの張り替えは超絶面倒なので、はじめからワードプレスを使っておくのがおすすめです。

ドメインの変更でアフィリエイトの規約違反に

URLが変わる場合はブログ記事を引っ越す前にASPにサイト登録をして審査に合格しておく必要があります。
ASPにドメイン登録をしておかないと規約違反でASPが利用できなくなることもあります。

場合によっては仮の記事を入れて審査に通す方法を取らないといけないかもしれません、

私はAmazonで30日間ほどアフィリエイトリンクの掲載が禁止されてしまいました。
うっかりしてた!

サイト登録をせずに記事を引っ越してしまうと無許可でアフィリエイト広告を掲載したことになります。

特に審査の厳しい広告主の場合はペナルティーを喰らったり、新規ドメインで審査に通らなくなることもあります。

ドメインを変更したときにAmazonのアフィリエイトの登録サイトの申請が承認される前に使ってしまったことがあり、アフィリエイトリンクの使用を停止されたことがありました。

今ではAmazonアソシエイトの利用規約が変更されているのでこういったケースは起きないと思います。

ASPへのサイト申請・登録は事前に必ず行っておきましょう

アフィリエイトリンクは申請したブログのURLにのみ広告掲載が許可されます。

GoogleアドセンスでもASPの広告でも同じです。

新規ドメインでGoogleアドセンス広告の審査に合格する

  1. アドセンス審査に申請する
  2. 新しいドメインに仮の記事を公開してアドセンス審査に申請する

新規ドメインを使う場合は、アドセンス広告に再度合格するまで新規ドメインでアドセンス広告が表示されません。

Googleアドセンスの場合は、面倒ですが新規ドメインで審査に合格しなければ、広告を掲載することができません。

この場合その間の収益はゼロになります。

だから仮の記事を入れて審査に合格してから記事を引っ越し(インポート)させると収益が途絶えることはありません。

面倒臭すぎて意味がわからないよ・・・

はい、ほんとに初心者だと頭が混乱することばかりだと思います。
すごく面倒なので、収益ブログははじめからWordPressで作っておくのがおすすめです。

レンタルサーバーを引っ越すメリット

サーバーを乗り換えるサーバーのお引っ越しのメリットを説明します。

  1. ブログの表示速度が早くなる
  2. コントロールパネルが使いやすくなる
  3. WordPressブログの管理がしやすくなる

私がエックスサーバーからConoHa WINGに引っ越した理由は、ブログのパフォーマンスを上げてもっとSEOに強いブログを作りたいと思ったからです。

結果的にブログが以前よりも強くなり収益も増えました。

ビッグキーワードで上位表示されやすくなりました。

SEO対策はレンタルサーバーだけに左右されるわけではありませんが、WordPressの管理のしやすさは個人でやるSEO対策には大きな影響をあたえます。

私がConoHa WINGを使って良かったと思う点を挙げます。

  • WordPress移行機能を使ってワンクリックで他社サーバーのWordPressを移行できた
  • サーバー内でもWordPressのコピーが簡単なので、ブログのリニューアルがしやすかった
  • 管理画面やキュリティ設定が行いやすい
  • 表示パフォーマンスが上がった

無料ブログからWordPressに引越し(移行)

  1. WordPressブログを新規で開設する
  2. 無料ブログの記事のバックアップ(エキスポート)を取る
  3. 新規解説したWordPressに記事をインポートする
  4. URLを変更する場合は旧URLから新URLへの301リダイレクト設定をする

はてなブログを例にブログの引越しを説明します。

無料ブログの移行方法は基本的にはどれも同じです。

無料ブログ側の作業・確認場所

無料ブログ(はてなブログ)の設定箇所

ブログの管理画面→詳細設定→エクスポート(記事のバックアップと製本サービス)→ログをダウンロード

この順番でエクスポートのページに進みます。

ログをダウンロードする前に必ずエクスポートしなおすをクリック。

クリックするとログが最新のものに更新されます。

クリックしないままだとログが古いままとなりますので、必ず最新のログにする必要があります。

エクスポートし直したらダウンロードするをクリックします。

これでブログ記事のバックアップができました。

次にやることはWordPress側でのログの読み込み作業(インポート)です。

アフィリエイトリンクの張り替えなどが必要な場合は、WordPressブログを検索エンジンにインデックスしない形に設定し、アフィリエイトリンクの貼り替え作業が終われば検索エンジンへのインデックスを行いましょう。

その方が安全です。

設定→表示設定→検索エンジンでの表示(インデックスしないに設定)

作業が終わったら必ずインデックスを行いましょう。

ここ忘れていると永久に検索エンジンに評価されません。

設定変更、忘れちゃダメ!絶対!

WordPressの引っ越し手順

1 2

ネットで稼ぎたいなら必見の動画

ブログを始めて3ヶ月目ぐらいでこの動画講座を知って、それ以降、私はブログで稼ぎ続けることができています。
ブログ初心者必見の内容です。

\ マーケティングがわかる /

※無料コンテンツ後に課金プランあり(課金しなくてもOKです)

  • URLをコピーしました!
目次