MENU
よあけ
【著者プロフィール】ふなさん
▶︎ WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社のHPなど)
▶︎ WordPress構築歴は10年以上
▶︎ 資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー
▶︎ WordPress構築最適化・テーマの活用方法・アフィリエイトブログの作り方など発信
▶︎ ブログ収入は1000万円以上を達成しています。
▶︎ 掲載しているノウハウ・結果には個人差があり、成果を保証するものではありません
▶︎ 趣味:ブログ・音楽・筋トレなど
WordPressテーマおすすめTOP3

WordPressのクラシックエディタをグーテンベルクに切り替えない問題点

まだグーテンベルク使ってないの?

  • WordPressブログをクラシックエディタのまま使い続けても問題ない?
  • 記事数が多いからブロックエディタに変えてレイアウトが崩れるのが面倒
  • クラシックエディタに慣れているからそのまま使い続けたい
  • ブロックエディタを使ってみたけど使いにくくて挫折した

このような問題で悩んでいる人はこの記事を最後まで読んでみてください。

WordPressをクラシックエディタを使い続けることは問題点を大きくすることと同じです。

今すぐブロックエディタ(グーテンベルク)に切り替えましょう。

目次

クラシックエディタをグーテンベルクに切り替えないと起きる問題

クラシックエディタのサポートが2021年12月には終了してしまうので、それまでにブロックエディタに慣れておく必要があります。

The Classic Editor plugin will be officially supported until December 31, 2021

https://make.wordpress.org/core/2018/11/07/classic-editor-plugin-support-window/

今でもWordPressをクラシックエディタで編集している人は大問題です。

ワードプレスは常に進化するCMS(Contents Management System)です。

今までも何度も大きな変化がありました。

グーテンベルクもそのひとつです。

今すぐグーテンベルクを使い始めないと、修正が必要な記事を新たに増やしてしまうだけです。

面倒なことを先延ばしにしているだけで何ひとついいことはありません。

私は今まで1000記事以上はWordPressで記事を書いてきました。
これを変更するのは大変でしたが、問題を作伸ばしにしても仕方がないので、すぐに全記事修正に取り掛かりました。

  • グーテンベルク対応は今すぐやるのがおすすめ
  • グーテンベルクに切り替えない未来的なデメリットの方が多い

クラシックエディタをグーテンベルクに切り替えるメリット

  • ブロックエディタで執筆した方が記事編集が簡単
  • 記事編集しながらビジュアルが確認できる
  • ブロックスタイルを選択するだけで装飾を切り替えることができる
  • 記事に合う装飾をプレビューすることなく確認できる

ブロックエディタを使うことにより、このようなメリットを感じました。

個人的な考察では出力されるHTMLソースが最適化されているように思います。

クラシックエディタのタグは、内部でソースを変換する処理が入るので、ワンクッション遅くなるのは当然です。

ブロックエディタでは編集しながら最適なHTMLコードが出力されています。

たとえば上のブロックの場合こんな感じのHTMLコードが出力されています。

<ul id="block-0db3af24-64c5-4aec-bfe3-14fd9184944b" class="is-style-st-circle"><li>ブロックエディタで執筆した方が記事編集が簡単</li><li>記事編集しながらビジュアルが確認できる</li><li>ブロックスタイルを選択するだけで装飾を切り替えることができる</li><li>記事に合う装飾を、プレビューすることなく確認できる</li></ul>

グーテンベルクのHTMLコード出力は無駄がない

軽いHTMLを意識した愚テンベルクの編集は簡素なブロックを組むことも大事です。

まとめ クラシックエディタをグーテンベルクに切り替えない問題点

クラシックエディタをグーテンベルクに切り替えないと問題を先送りにしているだけ

長期的に考えても、早めにクラシックエディタからグーテンベルクに切り替えておかないと問題が積み上がるだけです。

早めにグーテンベルクに切り替えましょう。

クラシックエディタをグーテンベルクに切り替える方法や使い方はこちらの記事にまとめてあります。

  • URLをコピーしました!

レンタルサーバーの選び方

スクロールできます
サーバー特徴月額料金

ConoHa WING
詳しく
ドメイン2つ無料
300GB
WEXAL®高速化
初月無料
3ヶ月契約
1,210円/月
wpx シン・レンタルサーバー
シン・レンタルサーバー
詳しく
ドメイン1つ無料
300GB
KUSANAGI高速化
お試し期間10日
3ヶ月契約
693円/月

ロリポップ!
詳しく
無料ドメイン1つ(12ヶ月以上)
400GB
初期費用無料(ハイスピードのみ)
お試し期間10日
ハイスピードプラン
3ヶ月契約
1,210円/月

さくらのレンタルサーバー
詳しく
初期費用無料
300GB
初期費用無料
お試し期間2週間
スタンダード
524円/月
各レンタルサーバーの比較

WordPressの始め方

スクロールできます
テーマ名AFFINGER6 ACTION
AFFINGER

SANGO

SWELL
税込価格14,800円11,000円17,600円
Gutenberg対応
高速化プラグインが必要プラグインが必要独自高速化機能
ABテストオプション
ダウンロードConoHaで割引ダウンロード
ブロックエディタ対応のおすすめ有料テーマ

この記事を書いた人

【著者プロフィール】ふなさん▶︎ WEBマスター歴20年以上/元WEBデザイナー(出版社のHPなど)▶︎ WordPress構築歴は10年以上▶︎ 資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー▶︎ WordPress構築最適化・テーマの活用方法・アフィリエイトブログの作り方など発信▶︎ ブログ収入は1000万円以上を達成しています。▶︎ 掲載しているノウハウ・結果には個人差があり、成果を保証するものではありません▶︎ 趣味:ブログ・音楽・筋トレなど

目次
閉じる